ちらし寿司

ちらし寿司
調理時間

1時間以上

エネルギー

588 kcal

※エネルギーは1人前の値

材料 4 人分

  • 利尻昆布 5cm角×1枚
  • <合わせ酢>

  • ミツカン 千夜 120ml
  • <具材>

  • 干ししいたけ 2枚
  • 1と1/2個
  • れんこん 1/2節
  • えび 8~10尾
  • きゅうり 1本
  • ミツカン 米酢 大さじ1と1/2
  • 片栗粉 小さじ1
  • イクラ 適宜
  • 作り方

    • <しいたけの甘煮>を用意する。干ししいたけは軸を折ってたっぷりの水に浸し、1~2時間かけて戻す。鍋に入れてかぶるくらいの水を注いで中火にかけ、煮立ったら弱火で10分ゆでる。ゆで汁を捨て、水けをきる。調味料(水、砂糖、みりん、しょうゆ)を加えて中火で煮立て、弱火で30~40分、途中上下を返して汁けが少なくなるまで煮る。できれば半日以上置いて味をなじませる。
    • ※作りやすい量(4倍量)は、干ししいたけ:8枚、水:2カップ、砂糖:大さじ3、みりん:大さじ3、しょうゆ:大さじ3
    • <卵焼き>を用意する。卵を割りほぐし、混ぜた調味料(塩・砂糖・酒・片栗粉)を順に加え、よく混ぜ合わせる。卵焼き器を熱し、油を薄くぬってならしておく。卵液を玉じゃくし1杯弱程度すくって流し、表面が乾いてきたら手前に転がし巻いていく。巻いた卵を奥に寄せ、手前に油を薄くぬり、卵液を玉じゃくし1杯弱程度流す。表面が乾いてきたら手前に転がし巻いていく。卵液がなくなるまで同じ工程を繰り返す。焼き上がりは粗熱を取る。
    • ※作りやすい量(2倍量)は、卵:3個、塩:小さじ1/4、砂糖:大さじ2、酒:大さじ1、片栗粉:小さじ2
    • <酢れんこん>を用意する。れんこんは皮をむいて、薄い輪切り半月に切り、5分水にさらす。調味料(米酢・砂糖・水・塩)を合わせて、よく溶かしておく。熱湯を沸し、れんこんを1分ゆでる。ざるにあげて水けをきり、熱いうちに調味液に漬け込んで味をなじませ、粗熱を取る。
    • ※材料は、れんこん:1/2節(100g)、「米酢」:大さじ1と1/2、水:大さじ1、塩:小さじ1/4
    • <えびの蒸し煮>を用意する。えびの背側の尾の元から、つまようじか竹串を刺してえびをまっすぐにする。鍋に、調味料(塩・酒・水)を入れ中火で煮立て、えびを加えて中火で2分煮る。そのまま火から外し、上下を返して粗熱を取る。尾を取って殻をむき、2等分にする。
    • ※材料は、えび:8~10尾、塩:小さじ1、酒:大さじ3、水:1カップ
    • すし飯を準備する。米は研いでざるにあげ、30分~1時間程度置いて、米に水分を含ませる。
    • [5]を炊飯器に入れ、サッと洗って水けをふいた昆布をのせ、分量の水を加えて普通に炊く。
    • 飯台はたっぷりの水でぬらし、よく水けを絞った布きんで飯台の水けをふき取る。
    • <合わせ酢>は小鍋に入れて中火にかけ、ひと煮して、粗熱を取っておく。
    • 炊きあがったご飯を飯台にあけ、[8]を全体にかけそのまま1分置き、すぐにほぐす。うちわ等で手早くあおいで冷ましながら、粘りを出さないように、しゃもじで切るようにほぐして混ぜる。粗熱が取れ、つやが出てきたら、水でぬらしてよく絞った布きんをかけておく。
    • 仕上げ・盛り付けをする。しいたけの甘煮は1/4量を角切りにする。
    • 卵焼きは1/2量を角切りにする。
    • きゅうり1本は乱切りにする。
    • [9]のすし飯を器に盛り、[10]~[12]・<酢れんこん>・<えびの蒸し煮>を彩りよく盛る。お好みでイクラの醤油漬けをのせ、木の芽などの薬味をあしらう。

    栄養成分( 1人分 )

    エネルギー

    588kcal

    タンパク質

    20.2g

    脂質

    3.9g

    炭水化物

    111.2g

    野菜量

    44.50g

    食塩相当量

    5.8g

    えびを使ったレシピ

    過去に閲覧したレシピ

    ブランドサイト

    公式SNS

    LINE Twitter Instagram