facebook line

すしの歴史(8) 回転ずしの誕生

昭和13年(1938)、満州・大連で、1軒の天ぷら屋が店を出しました。その店は氷の天ぷらを出して一躍有名になりましたが、終戦で帰国。昭和22年(1947)、大阪府布施市(現・東大阪市)で小料理屋「元禄」を出します。ここでも氷の天ぷらが名物となり、店は大繁盛。やがてすし屋「元禄寿司」も始め、店はますますにぎわいますが、それだけに、人材不足に悩む毎日でした。

そこで考えついたのが、コンベアーですしを回すことでした。試行錯誤の結果、試作品が完成し、昭和33年(1958)、ついに「廻る元禄寿司」が開店したのです。

1号店開店当時の廻る元禄寿司
※1号店開店当時の廻る元禄寿司
(廻る元禄寿司所蔵: http://www.mawaru-genrokuzusi.co.jp/history/

これがまた一般には受けまして、皮肉なことに、人材不足のために考案した店が、さらなる人出を要求し始めたのです。昭和45年(1970)、大阪府吹田市で日本万国博覧会が開催され、「廻る元禄寿司」も出店しました。もちろん大評判になり、回るすし屋は日本中に知られることになります。

このすし屋が好まれたのは、すしを乗せた皿が回るという面白さもあったのですが、それ以上に、すしを1皿いくらと明記し、しかもそれを安い価格に抑えたからでした。「すし屋へ行くと、いくら取られるかわからない」という従来のすし屋に対するイメージを払拭したのです。

回転ずしが登場してから60年。その人気は今も変わりません。それどころか、技術は日に日に進歩しています。最近の回転ずし屋ではすし皿だけでなく、うどんやそば、ラーメンをはじめドリンク類やデザートまで、ファミリーレストランのようにたくさんの食べ物が回っています。これも、新しいすし屋の流れなのかもわかりません。

日本古来の「発酵ずし」と、最古のすし屋「つるべすし 弥助」江戸の握りずし文化と華屋与兵衛握りずし文化を支えた半田の赤酢と中野又左衛門各種すしの歴史華屋与兵衛の流れを汲む銘店関東大震災とすし職人戦後のすし回転ずしの誕生
すしの歴史TOP
PAGE TOP

公式SNS

LINE Twitter Instagram