Vol.4
やっぱ「さっぱり煮」でしょ!
ベテラン主婦も “推す” 定番メニューの真の魅力とは?

#Mizkanメニューサポーター #調理 #お酢 

220120_img_1.jpg

「CMを観て、何年も前からつくってる!」「子どものときから食べてる!」そんな人気お酢メニューの「さっぱり煮」。世代を超えて多くの人に愛され続ける その理由とは? コラム第4弾となる今回は、ベテラン主婦も多く所属するMizkanメニューサポーターのみなさんにご協力いただき直撃アンケートを実施。「簡単」「美味しい」だけじゃない! “さっぱり煮” の魅力に迫ります! 目から鱗のワンポイントアレンジ術は必見です!


「Mizkanメニューサポーター」とは・・・

ミツカンを応援してくださるみなさんとミツカンで一緒に、食卓を豊かにたのしくすることを目指すチームです。年代も様々のみなさんですが、ミツカンのイチオシメニューをお試しいただいたり、日頃の調理についてご意見をいただいたり、日々たくさんの活動にご協力いただいています!今回はその中でも「さっぱり煮に思い入れのある」サポーターさんに ご意見をいただきました!

220120_img_2.jpg

家族も夢中に!サポーター実感の声 

  • 220120_wip_1.jpg

    結婚して3食つくらなきゃいけなくなったときは、レパートリーが少な過ぎて、週1で登場していたんじゃないかと思うくらい、さっぱり煮に助けられていました!子どもたちも大好きなので、将来の自炊デビューに教えてあげたいです!私にとっても身近で懐かしいお母さんの味なので、これからも代々つくっていくと思います。

    SYさん(40代/愛知県)

  • 220120_wip_2.jpg

    娘も夫もさっぱり煮がとにかく大好きでリクエストがきます!「さっぱり煮、おかわりある?」と毎回家族に聞いてもらえるのがうれしい!

    SHさん (50代/大阪府)

  • 220120_wip_3.jpg

    つくり始めたきっかけは、ぽん酢の瓶についていた帯のレシピ!
    手羽元でつくると大抵私には1本しか残ってません…。本当は娘2人で全部食べちゃいたいみたいだけど「ママの分ね!」と…、この1本が優しさみたいです。

    KMさん (40代/東京都)

  • 220120_wip_4.jpg

    家族に人気がある上にとにかく簡単すぎで本当に感謝!2歳になった娘がさっぱり煮を初めて食べたときに「おいち~」って笑顔でいってくれたことがとてもうれしかった!

    KKさん (40代/愛知県)

  • 220120_wip_5.jpg

    簡単なので娘が手伝ってつくってくれることが増えて、私が体調が優れないときにもつくってくれました。
    私にはお肉をほぐしてお茶漬け風にアレンジしてくれましたよ。わが家の定番メニュー5本指に入っています!!!

    FMさん (40代/埼玉県)

  • 220120_wip_6.jpg

    介護で食事の用意が大変なときに祖母がさっぱり煮を気に入りとてもよろこんでくれて…。
    自宅に帰ってから自分でもつくるととても癒しがある味に涙が出ました。

    YAさん (40代/大阪府)


「つくるなら手羽元で」に共感の嵐!

  • 220120_wip_7.jpg

    さっぱり煮といえば、わが家は手羽元一択! 子どものころ、何でもない日に食卓に出てくると骨つきということもあってか特別感があって、すごくうれしかったなぁ。今、親の立場になってつくれることもうれしい!

    OAさん (30代/東京都)

  • 220120_wip_8.jpg

    わかる! うちも手羽元派。子どものお弁当に、もちやすいようにアルミホイルを巻いて入れたら、クラスで「美味しそう!」とか「豪華〜」とか大人気だったみたい!材料費もそこまでかからないし、簡単につくったものを褒めてもられてつくった私がうれしくなっちゃったわ。

    MKさん (40代/東京都)

  • 220120_wip_9.jpg

    うちでも手羽元がお安く手に入ったときは、いちばんに「さっぱり煮」が頭に浮かびます! 手間を掛けなくても美味しくやわらかく仕上がるし、仕事で疲れてあんまり料理する気になれない日には重宝しています!

    MYさん (30代/千葉県)

  • 220120_wip_10.jpg

    さっぱりとしていて美味しくて、本当にうれしい一品よね。あの手羽元の骨がポロッと外れるのも気持ちがよくて感動するわ!

    SKさん (50代/東京都)

220120_img_3.jpg


これがわが家の味! みなさんの簡単アレンジとは?

  • 220120_wip_1.jpg

    手羽元と大根や玉子を穀物酢で煮た定番レシピがいちばんのお気に入り! わが家は仕上げに白ゴマをたっぷりかけます。翌日の煮凝りも絶品なんですよ。アレンジでパプリカを一緒に煮ると彩りもよくなって、お祝いの食卓にもぴったり!

    MYさん (30代/千葉県)

  • 220120_wip_2.jpg

    さっぱり煮をつくったあとの煮汁は鶏手羽元の出汁が出ていて最高! うどんや雑炊にして最後まで美味しくいただいています。

    YAさん (50代/神奈川県)

  • 220120_wip_3.jpg

    ポン酢、生姜、にんにく、ゆで卵、手羽元、ピーマンでつくるさっぱり煮がいちばん好き♡ 卵は毎回たくさん入れて、ポテトサラダやマカロニサラダ、お握りの具、卵サンドなどにも使います! そして煮汁で追い味玉もつくります!! アクセントに唐辛子入れることも!

    SYさん (40代/愛知県)

  • 220120_wip_4.jpg

    豚肉でつくるときに大根おろしを加えたら年配のかたたちにもなかなか好評でした!

    MKさん (40代/東京都)

  • 220120_wip_5.jpg

    手羽元のまま食卓に出すだけでなく、骨からほぐして棒々鶏の具材にしたり、スープに入れてリメイクしたり、家族に「飽きた」といわせない工夫もしています。何よりたくさんつくり置きできるところがありがたい!

    MKさん (40代/東京都)

  • 220120_wip_6.jpg

    さっぱり煮には卵が欠かせないわが家。「お弁当にも入れて!」と主人にいわれうずらの卵を入れたら目を輝かせながら「お弁当にうずらの卵が入ってたー!」と大よろこび!

    TNさん (40代/東京都)

  • 220120_wip_7.jpg

    わが家ではニンニクを入れるのが定番。煮込み始めると家族が入れ替わりでやってきて、「美味しそー! あと何分??」とみんな同じことを聞いてきます。そして大学生の息子はひと口食べると決まって、「ン! うまい!」といってくれます。夕食を囲んで家族三人笑顔になれる時間です。

    IMさん (50代/東京都)

220120_img_4.jpg


  • 220120_wip_2.jpg

    私はアレンジしたことがなくって!
    今回手羽元以外の部位や素材でもつくれると知ったので、早速試してみたいと思います。

    TNさん (40代/東京都)


世代を超えて長く愛され受け継がれるのには理由がありました

他にも「ずっと日本のど定番でいてください〜!」 (YKさん50代/埼玉県 )、「リピメニュー大賞! という賞レースがあれば間違いなく初代大賞受賞!」 (WMさん50代/千葉県 ) など、たくさんのあたたかい応援メッセージが!

220120_img_6.jpg

「簡単」「美味しい」だけに止まらない、 つくる側もつくってもらう側もハッピーになれるお酢メニューは、Mizkanメニューサポーターそれぞれの心の中に思い出の一部としてしっかりと刻まれていました

「さっぱり煮」に限らず、“推し” たくなるものには、そういう心にポッと火を灯してくれるような力があるのかもしれませんね。



イラストレーター/風森美絵
ライター/有田千幸
スペシャルサンクス/
Mizkanメニューサポーター
初回メンバーのみなさん

この記事が参考になったら
「いいね!」を押してください。

公式SNS

LINE Twitter Instagram