キャリアパス

気になる先輩社員のキャリアをご紹介。

写真:吉田 尚史

2011年入社 商学部吉田 尚史のキャリアパス

  1. 01学生時代

    商学部に入学し、マーケティングを学ぶ。

  2. 02営業(横浜)

    横浜支店に配属。営業の現場でお客様視点を学ぶ。

    営業

  3. 03広域営業部

    広域エリアに跨る企業担当となり、より大きな売上を任せてもらう。

    営業

  4. 04販売企画

    MD本部へ異動し、マーケティングを学びながら、MD提案を磨く。

    販売企画

写真:藤原 杏奈

2014年入社 医学研究科藤原 杏奈のキャリアパス

  1. 01学生時代

    医薬系に興味があり、アルツハイマーの薬の研究に夢中で取組む。

  2. 02就職活動時代

    出会った社員、企業理念に惹かれて入社を決意する。

  3. 03開発技術部

    食酢飲料の味づくりを担当。開発した商品は合計13品。

    開発

  4. 04新規事業開発

    アメリカ事業の技術開発を担当。自社ならではの技術確立に挑む。

    開発

写真:有冨 敬志

2000年入社 理工学研究科有冨 敬志のキャリアパス

  1. 01学生時代

    体育会ヨット部に所属。微生物を使うモノづくりが研究テーマ。

  2. 02生産技術センター

    発酵醸造の基本を学び、工場の製造工程の改善・新規導入を行う。

    生産

  3. 03栃木工場

    日々の食酢醸造の製造管理を行いつつ、醸造の原理を踏まえた改善も行う。

    生産

  4. 04品質生産本部

    世界一の食酢の発酵技術者を目指しグローバルな業務を行う。

    生産

写真:久保 謙太

2009年入社 電子・情報工学久保 謙太のキャリアパス

  1. 01学生時代

    興味のあった情報工学を専攻、中国人向けの翻訳システムを研究。

  2. 02就職活動時代

    飲食バイト経験から食品業界に興味を持ち、理念や風土が決めてで入社。

  3. 03情報システム部

    専攻を活かせる部署へ配属。ミツカンの業務やシステムの基礎を習得。

    情報システム

  4. 04情報システム部

    学んだ知見を活かし、より良いITシステム構築に挑戦する日々。

    情報システム

写真:山崎 泰正

2004年入社 工学研究科山崎 泰正のキャリアパス

  1. 01学生時代

    生産技術センターに配属される。先輩から殺菌や微生物にまつわる基礎と応用を教わる。

  2. 02栃木工場増設

    2005年、栃木県で業務用製品を製造する工場建設プロジェクトに参加。2007年には栃木県に常駐し、設備の導入などを担当。

    生産技術

  3. 03美濃加茂工場建設

    2013年、設備の企画・据え付けから建屋の全容、スタッフの配置までを考えて竣工まで導くプロジェクトを任される。

    生産技術

  4. 04全社的な設備改善

    2015年より、本社にて“ミツカン設備標準仕様”を取り決める。以降、生産の“見える化”を推進し、モノづくりの効率アップを推進。

    生産技術

写真:川合 路瑠

2017年入社 理工学部機械工学科川合 路瑠のキャリアパス

  1. 01自動車メーカー時代

    新卒で入社。企画に携わるなかで、ブランディングの推進に大きな興味を抱く。

  2. 02陶磁器メーカー時代

    イギリスの陶磁器メーカーに転職。引き続き、企画に携わる。

  3. 03化粧品会社時代

    初めて企画以外の仕事を経験。通販事業を任され、デジタルマーケティングに携わる。

  4. 04ミツカンへ入社

    デジタルマーケティングの担当として入社。半年後に産休・育休を取得して1年後に復帰する。

    デジタルマーケティング

写真:西村 林太郎

2006年入社 総合政策学部西村 林太郎のキャリアパス

  1. 01学生時代

    勉強に励みつつ、野球サークルで日々練習に励む。

  2. 02営業(広島)

    山口県と広島県の業務用営業を担当。競合がある中での商売と専門知識を蓄える。

    営業

  3. 03販売企画

    業務用鍋商品を担当。全国各地で提案する鍋の販売企画を確立する。

    販売企画

  4. 04Mizkan Euro

    言語の壁を乗り越え、幅広い業務を担当する楽しさを感じながら充実した毎日を過ごす。

    マーケティング

    海外

写真:吉本 靖東

2008年入社 農学研究科吉本 靖東のキャリアパス

  1. 01学生時代

    植物培養細胞を用いた分化を研究テーマに学ぶ。

  2. 02研究所

    半年間、開発に所属した後、研究所でだしの香り研究を担当。

    研究

  3. 03大学派遣

    最先端の研究、研究者の方と出会い、研究の重要性を再認識。

    研究

  4. 04研究所

    再び研究所に戻る。自分だから出せる結果を意識し日々取り組む。

    研究

写真:松本 卓也

2012年入社 生命環境科学研究科松本 卓也のキャリアパス

  1. 01学生時代

    バレー部に所属。レシーブが得意。研究テーマは多糖と乳酸菌。

  2. 02就職活動時代

    ミツカンで働く大学の先輩や周りの勧めで入社を決意。

  3. 03栃木工場

    酢の原料製造や発酵管理、製品の生産や設備管理を担当。

    生産

  4. 04仕入統括部

    生産で学んだ視点も持ち、仕入先との協業により一緒に調達業務を行う。

    調達

※撮影当時の部署を記載しています。

人のコト