実験してみよう!

用意するもの

黒豆30グラム

黒豆
30グラム

米3合


3合

水100ミリリットル ※黒豆用


100ミリリットル
※黒豆用

水てきりょう※すいはん用


てきりょう
※すいはん用

ラップ

ラップ

すし酢90ミリリットル

すし酢
90ミリリットル

たいねつボウル

たいねつボウル

<そのほかに用意するもの>

・すいはんき
・しゃもじ

※すし酢がないときは、「こくもつ酢60ミリリットル+さとう 大さじ4~5+しお 小さじ2」ですし酢をつくりましょう。

実験の方法

サランラップを張った黒豆と水の入ったボウルを電子レンジにいれているところ

黒豆と水100ミリリットルをたいねつ皿に入れ、ラップをかけ、500ワットの電子レンジで3分あたため、やわらかくします。

黒豆は多すぎると実験がうまくいかなくなるので、分りょうを守ってください。

※たいねつ皿、ラップがあつくなっているのでやけどに十分に注意してください。

Mr.スミス
次
Mr.スミス

炊飯器の中に、米・水・レンジアップした黒豆を入れたところ

お米をあらい、すいはんきに黒豆をしるごといれ、3合のめもりまで水を入れてごはんをたきます。

次

炊き上がった黒豆ごはんにすし酢をかけ、しゃもじで混ぜ合わせているところ

お米がたきあがったら、すし酢をまわしかけ、手早くまぜあわせます。あっというまに、ごはんがピンク色にかわり、ピンク色のすしめしのできあがり!

Mr.スミス

保護者の方へ

  • ・実験やお酢メニューは、お子様だけでなく、保護者の方もいっしょに行ってください。
  • ・黒豆の加熱後の容器やラップは、熱くなっています。レンジから取り出すときは、鍋つかみなどを利用して、やけどに十分に注意してください。
  • ・ラップを外すときは、少しずつゆっくり外してください。一気に外すと蒸気によりやけどする恐れがありますので、十分に注意してください。

印刷はこちら

観察してみよう!

すし酢を打つ前と比較して、ピンク色になっているところ

すし酢をいれる前とくらべてみると、ピンク色になっているのがよく分かるよ!
まずは半分だけすし酢をまぜあわせてくらべてみよう!

なぜだろう?

お酢には赤っぽい色をあざやかにする力があるんだ。
黒豆には「アントシアニン」という、発色のもとになるぶっしつがふくまれているんだけど、この「アントシアニン」は「酸性(さんせい)」に反のうするとピンク色になるせいしつを持っている。お酢は「酸性(さんせい)」なので、黒豆とまぜるとピンク色になるんだよ!

Mr.スミス

おいしいお酢メニューにもチャレンジ!

サーモンとチーズの黒豆ちらし寿司
サーモンとチーズの黒豆ちらし寿司

作ったピンク色のすしめしに、サーモンやたまご、チーズをトッピングしてちらしずしを作ろう!チーズは星のかたちにくりぬいて、かわいくしてね。

レシピはこちら

こんな食べ物もピンク色にかわるよ!

色が変わる野菜

むらさききゃべつ

むらさききゃべつ

ラディッシュ

ラディッシュ

ブルーベリー

ブルーベリー

なす

なす

むらさききゃべつの実験

用意するもの

むらさききゃべつ150グラム

むらさききゃべつ
150グラム

こくもつ酢大さじ5

こくもつ酢
大さじ5

さとう大さじ5

さとう
大さじ5

しお小さじ1/2

しお
小さじ1/2

まな板

まな板

ほうちょう

ほうちょう

ほぞんようき

ほぞんようき

実験の方法

ボウルの中の液体がピンク色になっているところ (比較として水に入れたもの)

こくもつ酢、さとう、しおをまぜて、ピクルスえきをつくる。

ピクルスえきに、千切りにしたむらさききゃべつをつけます。つけてしばらくするとピクルスえきがピンク色にかわります。
※れいぞう庫で半日~1日ほどつければ、むらさききゃべつのピクルスができあがります。

ピクルスえきの代わりに、水につけたものとくらべると、色のちがいがよく分かるよ!

まとめてみよう!

まとめ方の例 実験をまとめるときは、イラストや写真などをつかって分かりやすくしよう!

実験のまとめ

公式SNS

LINE Twitter Instagram