【ミツカンのすがお】vol.2「教えなさいよ! 鍋つゆの秘密」

キャンペーン他 2021年12月17日
sugao-211217-90-pic01.png


お鍋がおいしい季節になりましたね。

私は鍋と言えばもちろん「ミツカン 〆まで美味しいTM鍋つゆシリーズ」!


たま~に他社品にも浮気しちゃいますが、浮気は浮気。やっぱり「〆まで美味しい鍋つゆシリーズ」が一番好きです。だって、「おいしいから」。理由はいたってシンプルです。手前味噌ですみません。でも、本当においしいんですよ。


「ミツカンのすがお」第2弾では、辛口エイコさんと一緒に、鍋つゆのおいしさの秘密をご紹介します!



辛口エイコさんって…?


いきなり登場しました辛口エイコさん。ご紹介が遅れてしまい、申し訳ございません。

簡単に彼女の紹介をさせていただきます。


sugao-211217-90-pic02.png

広報部でも親しくさせていただいているエイコさんは、食べること・美味しいものが大好きな方で、冬は特に鍋をよく食べるそう。

好奇心旺盛で、「教えなさいよ!」が口癖。きつめの発言も多く、「辛口エイコ」と呼ばれております。(本人公認)


エイコさんの食に対する強いこだわりゆえに、質問攻めにあうことも私はたまにありまして…(苦笑)

 今日はエイコさんの疑問に、答えられるだけ答えていきます!(私、頑張るぞ…! おー!)



「〆まで美味しい キムチ鍋つゆ」のおいしさの秘密、教えなさいよ!


sugao-211217-90-pic03.png

出た! エイコさんのその口癖(笑)


はいはい、わかりました。お話しますよ。でも、その前に少しだけPRさせてください! 赤いパッケージが目を惹く「〆まで美味しい キムチ鍋つゆ」は、ミツカンの濃厚系鍋つゆの代表選手。なんと、当シリーズの中で売上No.2です! (パチパチパチ)


辛いのかな?と思いきや、そこまで辛くなく、安心して食べられます(※)。辛いもの好きのエイコさんには刺激が足りないかな?と思いましたが、大好きと言っていただけてうれしいです。


※あくまでも個人の感想です。



おいしさの秘密は「炒め原料」


sugao-211217-90-pic04.png

そしてそして、「〆まで美味しい キムチ鍋つゆ」のおいしさの秘密は、なんといっても「炒め原料」です! 

ごま油と鶏油でにんにくと韓国産唐辛子を炒めており、この「炒める」というひと手間を加えることで、食をそそるおいしい風味を出しているんです。このおいしさは単に原材料を混ぜるだけでは出ないんですよ。


ひと手間って大事ですよね。炒めるときに愛情も注いでいるから、さらにおいしく感じるのかしら…?

(※注:原材料に「愛情」は含まれておりません)


sugao-211217-90-pic05.jpg



「〆まで美味しい ごま豆乳鍋つゆ」のおいしさの秘密、教えなさいよ!


sugao-211217-90-pic06.png


一番人気! 「〆まで美味しい ごま豆乳鍋つゆ」

sugao-211217-90-pic07.png


「〆まで美味しい ごま豆乳鍋つゆ」が一番売れている・・・エイコさん、よくご存じですね。


そうなんです! 実は、数ある鍋つゆ商品の中で一番人気は「〆まで美味しい ごま豆乳鍋つゆ」なんです!! (パチパチパチパチパチパチパチパチ…) 


私は「〆まで美味しい ごま豆乳鍋つゆ」が一番好きです。我が家は冬の週末はほとんど鍋ですが、3回に1回はごま豆乳鍋を食べているんですよー。もう、そのくらい大好きです。〆のカルボナーラもまた絶品で……


あ、ごめんなさい! 私の話、長すぎましたね。おいしさの秘密はいまから話すので、イライラしないで~(涙)



おいしさの秘密は「あの隠し味」


sugao-211217-90-pic08.png

カレーにチョコレート、ポテトサラダにお酢…隠し味っていい仕事しますよね。


実は「〆まで美味しい ごま豆乳鍋つゆ」にも隠し味が使われているんです。

それは……、


「大豆粉末」!(どや顔)


sugao-211217-90-pic09.png


エイコさん、ごめんなさい…! 

これ以上は企業秘密です。話したら私、クビになっちゃう…(涙)どうかご勘弁ください。


でもね、もう少しだけお話すると、この大豆粉末は「〆まで美味しい ごま豆乳鍋つゆ」との相性抜群なんですよ!

 当時、かな~り高い目標をクリアするために、開発担当者がとてもとても苦労して見つけた原料なんです。味づくりに悩んで、当時は何かに追いかけられる夢ばかり見ていたそう(涙) そんな苦労の末、見つけた隠し味なんです。


sugao-211217-90-pic10.png



おいしさをつくる 鍋つゆの天才ブレンダー


よくぞ聞いてくださいました。それは、この人です! (じゃーん)


現在発売されているミツカンの鍋つゆ全品の味づくりに関わっている山中さんです。


sugao-211217-90-pic11.png

山中さんは、味づくりのため1日100回近く試食する日もあるんです!

 食材と調味料を様々なパターンで組み合わせ、ちょっとずつ配合を変えたものや、さらには、冷めた状態や、野菜を大量に入れたらどうなるか? も試しています。


基本的に、鍋はお客様が自由に食材を入れて楽しむ料理。大量の野菜が入って薄まっても、冷めてしまっても、ちゃんとおいしくないといけないので、あえて過酷な条件で試食して確かめているんです!


ホームページに「〆まで美味しい鍋つゆシリーズ」の商品開発ストーリーもアップしていますので、よかったら見てくださいね。あとでエイコさんにURL(※)送りますね!


※エイコさんに送るURLは最後に記載しております。


ミツカンには、他にもその道のプロフェッショナルがたくさんいるんですよ! 

例えば、おいしさ研究とか、ミュージアムのガイドとか、納豆の研究開発とか…。

いつかまたエイコさんにお話ししたいな、と思っています。



sugao-211217-90-pic12.png

エイコさん、今日はお付き合いいただき、ありがとうございました。

お礼に、私のイチオシであるごま豆乳鍋、ご用意しています! 一緒に食べましょ♪

もちろん「〆まで美味しい ごま豆乳鍋つゆ」を使っていますよ。



鍋はやっぱりミツカンで!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


辛口エイコさんも納得の、おいしさの秘密を知ってしまったそこのあなた!

今夜は、(ミツカンの)お鍋にしませんか?


sugao-211217-90-pic13.png


マーケティングと技術力の協力タッグで生みだす究極の鍋つゆ! おいしさを追求した「〆まで美味しい鍋つゆシリーズ」開発の裏側とは!?

https://www.mizkan.co.jp/story/productstory/shimemade.html




■「ミツカンのすがお」バックナンバー






公式SNS

LINE Twitter Instagram