ナビゲーションをスキップする

  1. 商品情報
  2. ミツカンのはなし
  3. メニュー・レシピ
  4. ミツカンのCM
  5. 商品ブランドサイト
  6. お客様相談センター
  7. MIM ミツカンミュージアム

すし酢 そのままかけて混ぜるだけでおいしいすし飯ができる

おすし用に調味された合わせ酢。ご飯にそのままかけて混ぜるだけで、おいしいすしご飯ができます。
おすしだけでなく、酢のもの・サラダにもそのままお使いいただけます。
また、“サラダのノンオイルドレッシング”としてもお使いいただけます。

酢のもの、サラダにもそのまま使える!

すし酢のポイント

1.これ1本でカンタンにすし飯! 2.普段の料理にも大活躍! 3.調味料と合わせてドレッシングが作れる!

すし酢を使ったすし用合わせ酢の作り方

お米の量に合わせてすし酢を混ぜるだけ!

本品は温かいご飯320g(米1合分)に大さじ2(30ml)を目安にご使用下さい。

ワンポイント

すし飯を作るときは、ごはんは固めに炊きましょう!

すし丼をつくるなら!すし酢大さじ1、茶碗で作る時はすし酢小さじ2を目安にふりかけましょう。

おいしいすし飯の作り方

すし酢を使ったおすすめレシピ

すし酢でおすしもお手軽に作れる!

すし飯を簡単に作れる「すし酢」で
おいしいお寿司を作ってみましょう!

  • サーモンのロール寿司

    サーモンのロール寿司

    見た目も華やかなロールすしです。巻き始めをしっかりしめるとゆるみづらくきれいに作れます。

    レシピはこちら
  • お肉と海鮮の手巻き寿司

    お肉と海鮮の手巻き寿司

    お肉や魚介など、お好みの食材でいつでも手軽に手巻き寿司を楽しめます。

    レシピはこちら

おすし以外のレシピにもおすすめ!
すし酢の活用術

砂糖と塩のちょうどいいバランスの「すし酢」は、
普段の料理にも簡単に使うことが出来ます。

1

魚の脂の臭み消しに“すし酢”が役立つ

ぎんだらの中華風照り焼き

ぎんだらの中華風照り焼き

ごま油の風味と、すし酢の酸味で中華風に早変わり!ぎんだらから出る脂は、クッキングシートでしっかりとふき取るのがポイントです。

料理:料理研究家 小林まさみ先生

レシピはこちら

2

“すし酢”をもみこんで、下味+お肉をやわらかく

タンドリーチキン

タンドリーチキン

ヨーグルトの酸味の代わりにすし酢を使って下味をつける事で、よりお肉がやわらかくなります。焦げやすい野菜は大きめに切る事で、野菜そのものの食感を残せます。

料理:料理研究家 小林まさみ先生

レシピはこちら

3

揚げものに“お酢”の酸味が合う

鶏から揚げのエスニックマリネ

鶏から揚げのエスニックマリネ

お酢を使うことで、ジューシーなのにさっぱりとお召し上がりいただけます。いつもとひと味違うエスニックな味わいが楽しめます。

料理:料理研究家 小林まさみ先生

レシピはこちら
すし酢を使ったレシピをもっと見る

商品情報

すし酢

おすし用に調味された合わせ酢。そのままかけて混ぜるだけでおいしいすしご飯ができる。酢のもの・サラダにもそのまま使える。

商品情報はこちら

あなたにお酢すめコンテンツ これからお酢料理を頑張るあなたに。/お酢料理が定番のあなたに。/お酢を活かすこだわりのあなたに。

  • まずは基本から。
    お酢について知ってください。

  • 酢のものに使う“合わせ酢”もいろいろ。
    好みのあわせ酢をつくってみましょう。

  • お酢は油っこさを和らげます。種類によって異なる特性を使い分けましょう。