logo
  • スライド 01
  • スライド 02
  • スライド 03
  • スライド 04

すしの歴史

今世界中で人気の握りずしは、1800年代前半に江戸で誕生しました。
当時の握りずしは、江戸前の魚と、飯に酢と塩で味付けしたすし飯を握ったもの。
握ってすぐに食べられる握りずしは、江戸っ子のハートを掴みました。
この握りずしのおいしさを支えた酢は、米酢に代わり新しく開発された赤酢。
この赤酢は、1804年に創業したミツカンの初代中野又左衛門が、尾州半田で研究を重ね、世界で初めて熟成した酒粕を原料に使って造られた酢です。
熟成した酒粕の風味や旨みが、すし飯に良く合うと評判となり、江戸でも「人気のすし屋」が次々に使い、今に至っています。
こちらでは、当時の資料とともにおすしの歴史を振り返ります。

※画像の無断複製、二次利用することを固く禁じます。

日本古来の「発酵ずし」と、最古のすし屋「つるべすし 弥助」江戸の握りずし文化と華屋与兵衛握りずし文化を支えた半田の赤酢と中野又左衛門華屋与兵衛の流れを汲む銘店
Copyright(c) 2019 Mizkan Holdings Co.,Ltd. All Right Reserved.
mizkan
PAGE TOP