〜半田市民の一層の健康増進を目指して〜 ミツカン×半田市お酢15ml体験プログラム結果発表

半田市職員とミツカン社員が実施した、56日間お酢15mlの摂取と運動を組み合わせた体重・血圧プログラムで参加者の約64%の体重が減少

キャンペーン他 2022年4月11日
220411-70-pic01.jpg


株式会社Mizkan(本社:愛知県半田市、代表取締役社長兼CEO:吉永 智征、以下ミツカン)は、半田市と共同で実施した「お酢15ml体験プログラム」の結果を4月11日にミツカンホームページ内に公開いたします。

ミツカンは、より身近で楽しいお酢体験のために、どんな工夫が必要なのか、またどんな健康結果がでるのかを発見すべく、継続的なお酢摂取体験プログラムの取り組みを計画しておりました。そんな中、実は、ミツカン創業の地・愛知県半田市は県内でもメタボ該当者率が高い状況(半田市国民健康保険調べ)であり、半田市としても、「お酢を摂りながら、運動や食習慣を見直すという今回のミツカンの体験プログラムが市民の皆さまのメタボ率の改善・健康につながるのでは」と賛同くださり、今回のミツカン×半田市のプログラムの実現に至りました。


お酢15ml体験プログラムとは

半田市職員とミツカン社員が、お酢15mlの摂取と運動を合わせたプログラム(毎日運動プラン※1)を実施し、①体重や血圧、②食後血糖値にどのような効果をもたらすか、半田市保健センターの保健師監修の下、検証しました。


■結果サマリー

<体重・血圧プログラム>

1.  56日間のお酢15ml摂取と毎日運動プランを合わせたプログラムで参加者のうち約64%の体重が減少

2.   56日間のお酢15ml摂取と毎日運動プランを合わせたプログラムで肥満気味の参加者の体重が有意に減少

3.  56日間のお酢15ml摂取と毎日運動プランを合わせたプログラムで、血圧が高めの参加者の最高血圧および最低血圧が有意に低下

4. 「仕事中のリフレッシュ」「お風呂上がりに」「食後」「朝にシャキッと」など参加者によって摂取するシーンはさまざま

5.  参加者の約81%が「1日お酢を15ml摂る生活は意外と無理なく続けることができた」約76%が「お酢は意外ととりやすい」と実感

 

<食後血糖値プログラム>

6.  食後血糖値が上昇しやすい参加者は、「お酢ありの食事+運動」でも食後血糖値の上昇が有意に抑制

7.  食後血糖値が上昇しやすい参加者は、「お酢あり」の食事で食後血糖値の上昇が有意に抑制

8.  参加者の約95%が「食後血糖値に対する理解が深まった」約75%が「今後も食後血糖値を意識した生活を継続できそうだと思う」と回答

※1:「毎日運動プラン」とは、半田市保健センターの保健師が監修した、日常生活の中で無理なく取り入れられるような運動プランです。毎日の運動の意識づけのために、パーソナルヘルスレコーダー(スマートバンド)によって自らの活動量を見える化しながら、1日120 kcal消費を目指して運動していただきました。120 kcalとは体重1kgを減らすために必要とされる約7,000 kcalを60日間かけて消費する目安量と定義されています(7,000 kcal ÷ 60日 = 117 kcal ≒ 120 kcal)(本プログラムでは、 この1日120 kcal消費を目指す運動を“しっかり運動”と呼びました。)健康づくりのための身体活動基準2013(厚生労働省)を参考に作成された冊子(「120kcalってどのくらい? 身体活動(運動・生活活動)編」  社会保険出版社)を参加者に配布し、冊子に記載された運動(普通歩行、ランニング、体操、水泳 など)を実施していただきました。普段運動習慣がない参加者が急激にしっかり運動を始めると無理が生じる恐れがあるため、ノルマとはせず、 “ちょいトレ”(10分程度の筋トレやストレッチ)(「いまより10分多く体を動かそう!」 東京法規出版)から始めて徐々に運動強度を上げていくことや、冊子に掲載がない運動も認めるなど配慮しました。


■関連リンク

【ミツカン×半田市お酢15ml体験プログラム 特設サイト】

https://www.mizkan.co.jp/health/sunochikara/handa-taikan/     

※4月11日(月)午前10時公開予定


結果詳細

<体重・血圧プログラム>

1.56日間のお酢15ml摂取と毎日運動プランを合わせたプログラムで参加者のうち約64%の体重が減少

220411-70-pic02.png

体験プログラムに最後まで参加した男女215人からお酢摂取率85%以上(全期間56日のうち15mL以上摂取した日数が48日以上)の171人を選抜し、この中から1日120kcal消費を目指すしっかり運動を全期間56日間のうち1日も実施しなかった10人を除外し、最終的に男女161人をデータ解析対象者としました。また、データ欠損者3人を除外し、最終158人を解析対象者としました。※体重減少者は0.1㎏以上減少した人として集計しています。

 


2.56日間のお酢15ml摂取と毎日運動プランを合わせたプログラムで肥満気味の参加者の体重が有意に減少


220411-70-pic03.png

体験プログラムに最後まで参加した男女215人からお酢摂取率85%以上(全期間56日のうち15mL以上摂取した日数が48日以上)の171人を選抜し、この中から1日120kcal消費を目指すしっかり運動を全期間56日間のうち1日も実施しなかった10人を除外し、男女161人をデータ解析対象者としました。このうち、BMI25以上の男女33人を解析対象としました。

 


3.56日間のお酢15ml摂取と毎日運動プランを合わせたプログラムで、血圧が高めの参加者の最高血圧および最低血圧が有意に低下


220411-70-pic04.png

体験プログラムに最後まで参加した男女215人からお酢摂取率85%以上(全期間56日のうち15mL以上摂取した日数が48日以上)の171人を選抜し、この中から1日120kcal消費を目指すしっかり運動を全期間56日間のうち1日も実施しなかった10人を除外し、男女161人をデータ解析対象者としました。このうち、 1週目の最高血圧の平均値130mmHg以上かつ最低血圧の平均値85mmHg以上の男女22人を対象としました。

 


4.「仕事中のリフレッシュ」「お風呂上がりに」「食後」「朝にシャキッと」など参加者によって摂取するシーンはさまざま

参加者から「プログラムで発見した、お酢を摂るシーンとして、相性が良かったもの」を聞いたところ、以下の回答が寄せられました。

220411-70-pic05.png



5.参加者の約81%が「1日お酢を15ml摂る生活は意外と無理なく続けることができた」

約76%が「お酢は意外ととりやすい」と実感

220411-70-pic06.png

 体験プログラムに最後まで参加した男女215人からお酢摂取率85%以上(全期間56日のうち15mL以上摂取した日数が48日以上)の171人を選抜し、この中から1日120kcal消費を目指すしっかり運動を全期間56日間のうち1日も実施しなかった10人を除外し、男女161人をデータ解析対象者としました。また、未回答者は除外しました。

 

 

<食後血糖値プログラム>

6.食後血糖値が上昇しやすい参加者は、「お酢ありの食事+運動」でも食後血糖値の上昇が有意に抑制

220411-70-pic07.png

食後血糖値プログラム参加者男女20人のうち、お酢なしのコントロール食で食後血糖値が140mg/dL以上を記録した男女7人を対象とし、「お酢なし」の食事よりも「お酢あり」の食事と運動を組み合わせることで、食後血糖値の上昇が有意に抑制されることがわかりました。

プログラムに最後まで参加した21人のうち、自己血糖測定器の不調により測定できなかった1人を除く男女20人をデータ解析対象者としました。

 

 

7.食後血糖値が上昇しやすい参加者は、「お酢あり」の食事で食後血糖値の上昇が有意に抑制



220411-70-pic08.png

食後血糖値プログラム参加者男女20人のうち、お酢なしのコントロール食で食後血糖値が140mg/dL以上を記録した男女7人を対象とし、「お酢なし」よりも「お酢あり」の食事で食後血糖値の上昇が抑制されることがわかりました。

体験プログラムに最後まで参加した21人のうち、自己血糖測定器の不調により測定できなかった1人を除く男女20人をデータ解析対象者としました。

 


8.  参加者の約95%が「食後血糖値に対する理解が深まった」、約75%が「今後も食後血糖値を意識した生活を継続できそうだと思う」と回答

220411-70-pic09.png

体験プログラムに最後まで参加した21人のうち、自己血糖測定器の不調により測定できなかった1人を除く男女20人をデータ解析対象者としました。


今後に向けて

■半田市

市民のみなさんの健康増進を図るうえで、メタボ該当者率の改善は大きな課題の一つになっています。今回の一連の取り組みで、お酢の摂取と運動を組み合わせることによる健康効果について貴重な知見・経験を得ることができました。市民のみなさんからの健康相談や健康指導において、この成果をしっかり生かしていきたいと考えています。

 

■ミツカン

ミツカングループは愛知県半田市で1804年に創業し、2022年に創業219年目を迎えました。「やがて、いのちに変わるもの。」というグループビジョンスローガンのもと、「未来ビジョン宣言」を掲げ、人と社会と地球の健康に貢献し、「おいしさ」と「健康」を限りなく一致させることを目指して、商品やメニューのご提案をしております。

今回のお酢15ml体験プログラムを通して得られた結果を踏まえ、健康に役立つお酢の情報発信と、お酢を生活の中に気軽に取り入れていただける取り組みをより一層強化していくことで、今後もお客様の「おいしさと健康」に寄与してまいります。


調査概要

・プログラム名:

① 半田市お酢15ml体験プログラム(体重・血圧)

② 半田市お酢15ml体験プログラム(食後血糖値)

・参加者 

① 20歳以上60歳未満の男女 計220名

② 20歳以上60歳未満の男女 計21名

・検証方法:

① 毎日お酢15mLを普段の食生活の中で摂取。毎日運動プラン*を実施する。

②うどん1玉を摂取した日(測定日❶)とうどん1玉+お酢15mlを摂取した日(測定日❷)の食後血糖値を測定し、比較する。また、うどん1玉を摂取した日(測定日❸)とうどん1玉+お酢15mlを摂取+食後30分後に約30分ウォーキングを実施した日(測定日❹)についても同様に食後血糖値を測定し、比較する。

・調査期間:

① 2021年10月13日(水)~12月7日(火) 計56日間

② 2021年11月8日(月)~11月17日(水) 計10日間

・調査主体:半田市、株式会社Mizkan




ミツカンは、企業理念である「買う身になって まごころこめて よい品を」に基づき、商品やメニューを通じて、お客様へ「おいしさと健康」を提供してまいります。


<商品に関する一般の方のお問い合わせ先>

ミツカングループお客様相談センターHP:https://faq.mizkan.co.jp/

公式SNS

LINE Twitter Instagram