ナビゲーションをスキップする

  1. 商品情報
  2. ミツカンのはなし
  3. メニュー・レシピ
  4. ミツカンのCM
  5. 商品ブランドサイト
  6. お客様相談センター
  7. MIM ミツカンミュージアム

くらしプラ酢

  1. お酢×肉
  2. おすし
  3. 特集
  4. お酢を知ろう!

実験してみよう!

用意するもの

生たまご1こ

生たまご
1こ

口の広いガラスびん

口の広いガラスびん

こくもつ酢200ミリリットルていど

こくもつ酢
200ミリリットルていど

キッチンペーパー&わゴム

キッチンペーパー
&わゴム

実験の方法

広口瓶にたまごを入れ、お酢を上から注いでいるところ

たまごは水でよくあらい、ガラスびんはせんざいできれいにあらいます。よごれがついていると、実験がうまくいきにくくなるので、よくあらいましょう。
ガラスびんにたまごを入れ、たまごがつかるまでお酢を注ぎます。

※お酢はたまご1こに200ミリリットルいじょう入れてください。

Mr.スミス
次
Mr.スミス

たまごから泡が出てくるところ

たまごからアワが出てくるのをかくにんします。ほこりが入らないようキッチンペーパーなどでふたをして、れいぞう庫またはれい暗所に2日ほどおいておきます。

※「二酸化炭素(にさんかたんそ)」が発生するので、びんはみっぺいしないでください。

次

混ぜるシーン

2日すぎて、カラがとけるのがおそいときは、少しまぜてください。
それでも反のうしないようであれば、お酢を新しいものに入れかえます。

Mr.スミス
次
Mr.スミス

2日経った瓶から卵を取り出すところ

カラがとけて、うすい皮だけになったらスケルトンたまごのできあがり!
カラがのこっていたら、水でやさしくあらうとキレイにおちます。

保護者の方へ

  • ・ 実験やお酢メニューは、お子様だけでなく、保護者の方もいっしょに行ってください。
  • ・ びんやたまご、食酢などを扱うときは、破損に十分に注意してください。
  • ・ 実験には、必ずガラス容器を使用してください。
  • ・ 実験で作ったスケルトン卵は害はありませんが食べるためのものではありません。また、卵を取り出した後に瓶に残ったお酢は風味が変わります。
       飲んだり他のお料理にお使いいただくことはお控えください。

印刷はこちら

観察してみよう!

指でたまごを軽く押しているところ(ゴムボール状になっている)

指でおしてみると、ゴムボールのようにだん力があることが分かるね!
また、光をあててみると、黄身がすけて見えるよ!

実験後のたまごと実験前のたまごを並べているところ(大きさがひとまわり大きくなっている)

実験前のたまごとくらべてみると、ひとまわり大きくなっているのが分かるよ!

なぜだろう?

お酢にはカルシウムをとかす力があるんだ。
たまごのカラは「炭酸カルシウム」というものでできているので、お酢につけるとカラがとける、というわけ!
ちなみに、カラがとけてもなぜたまごがわれなかったかというと、たまごのカラのうちがわにはうすいまくがあって、これはお酢にはとけずにのこるからなんだ。
このまくは、ゆでたまごのカラをむくときに、うすいしろい皮がくっついていることがあるけど、その皮と同じものなんだよ。
また、お酢がたまごの中に入ってくるので、たまごはもとの大きさよりも少し大きくなるんだよ!

Mr.スミス

おいしいお酢メニューにもチャレンジ!

あさりとワンタンのみそスープ
あさりとワンタンのみそスープ

お酢にはカルシウムをとかす力があるから、ふだんは食べないものにふくまれるカルシウムも食べることができるんだ!このお酢の力をいかして、カルシウムをふくむ「あさり」をつかった「あさりとワンタンのみそスープ」を作ってみよう!

レシピはこちら

まとめてみよう!

まとめ方の例 実験をまとめるときは、イラストや写真などをつかって分かりやすくしよう!

実験のまとめ