味、おいしい。体、うれしい。酢の力

整える力 健康バランスを整える

毎日の約大さじ一杯(約15ml)のお酢が、肥満気味の方の内臓脂肪の減少や、高めの血圧や血糖値上昇の緩和などに効果があるという論文が報告されています。
酢の「整える力」で、健康な体を目指しませんか。

高めの血圧が気になる方!
毎日約大さじ1杯のお酢で
改善の効果?!

お酢には高めの血圧を下げる効果があるという論文が報告されています。

昔から、言い伝えや個人の経験談などでは、「お酢を食事にとりいれることで、高めの血圧を下げる効果がある」をいわれてきました。
お酢と血圧の関係についても研究が進められ、高めの血圧を下げるお酢の効果は、言い伝えや体験談だけでなく、科学的にも報告されています。
高めの血圧が気になったら、「いつもよりも少しだけお酢をプラス」した食生活をはじめてみませんか?

お酢の効果的な摂り方とは?

高めの血圧を下げるためには、お酢を「大さじ1杯(15ml)を目安に」毎日継続して摂ることで効果が期待できます。でも、せっかくお酢を摂るなら、より効果的においしくヘルシーに摂りたいですよね!
そこで、「血圧が高めの方におすすめのお酢レシピ」を、医学博士、管理栄養士の本多京子先生に伺ってきました。

本多京子先生
本多京子先生
実践女子大学食物学科卒業後、早稲田大学教育学部体育生理学教室研究員を経て東京医科大学で博士号を取得。
テレビや雑誌・新聞などで健康や栄養に関するアドバイスやレシピ制作を手がける他、スポーツ選手に対する栄養指導の経験も豊富。著書は60冊を超える。

お酢を使ったおすすめメニュー

蒸しなすのサラダ

蒸しなすのサラダ

血圧が高めな人は、お酢の「酢酸」による効果の他、適正体重の維持と減塩が大切です。
肥満を解消して塩分を控えるためには、減塩でも美味しい野菜料理のレパートリーを増やすのがコツですが、煮物や炒め物では塩分や油脂のとりすぎにつながることも。そこで、おすすめなのが蒸し野菜料理です。
青しそやネギ、ごまなどの香り、生姜の辛みなどを合わせた酸味のあるタレをかけることで、低エネルギーの副菜が仕上がります。

ぶりと野菜の揚げ焼き浸し

ぶりと野菜の揚げ焼き浸し

油焼きすると、野菜に香ばしさが加わり、ブリは旨味が閉じ込められるので、薄味でも美味しく仕上がります。また、合わせ酢に黒酢を使うことで濃い目の色に仕上がり、カレー粉や唐辛子の辛みも味を引き立てます。

是非みなさんもお酢の効果を知って、毎日のお酢で健康的に過ごしましょう!

Facebook シェアする ツイートする