ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2006年>
  4. 11月3日は「鍋文化の日」『家族にウケる鍋トークショー!』開催

NEWS RELEASE

もくじ

06/11/16

つゆで味わう豚しゃぶVol.5※プロジェクトキャラクター「なべっち」

11月3日は「鍋文化の日」
『家族にウケる鍋トークショー!』開催

唐沢寿明&沢村一樹の爆笑トークで「鍋」大盛り上がり!


(株)ミツカン(本社:愛知県半田市)は昨年より、鍋市場の活性化策として、Web・PRイベント・TVCM・商品・店頭プロモーションを組み合わせた「家族にウケる鍋プロジェクト!」を実施しています。
  その一環として、11/3(金)を“鍋文化の日“と定め、当選した26組約100名のご家族を招いて、「家族にウケる鍋トークショー!」を開催しました。(資料参照)
  「味ぽん」でおなじみ唐沢寿明さんの「鍋トークショー」あり、赤堀博美先生による会場参加型「鍋クイズ」あり、最後には、本プロジェクトオリジナルの地産地消鍋「日本全国 新ふるさと鍋」の試食ありと、盛りだくさん。 参加いただきましたご家族に、大変満足いただきました。
  ミツカンは今年の冬も、「お鍋」を家族の絆を強めるエンターテイメントとして、盛り上げて参ります。

第一部
唐沢寿明さんの家に、友人の沢村一樹さんが訪れるという、 シチュエーションドラマ仕立ての「鍋トークショー」。 お二人の絶妙な受け答えに会場は終始爆笑に包まれ、最後は(株)ミツカン社長 徳永美津男も登場して大いに盛り上がりました。「鍋」を家族や仲間と囲む楽しさを体感していただいたひと時でした。 (左から 徳永、唐沢さん、沢村さん)

第ニ部
赤堀料理学園 赤堀博美先生のレクチャーのもと、鍋文化に関するクイズや、「新ふるさと鍋」の具材作りを体験いただく「鍋文化の日イベント」を実施。会場の家族も参加し、楽しんでいただきました。
(”アクション“を体験するご家族と、赤堀先生〔右〕)

第三部
本プロジェクトで開発した「日本全国 新ふるさと鍋」のうち、代表作18種類を参加者の皆様にご試食いただきました。 お目当ての鍋を選んで食べるビュッフェスタイル。4〜5種類の鍋に舌鼓を打たれ、満腹でお帰りいただきました。
資料 『鍋文化の日 家族にウケる鍋トークショー!』 概要
    「家族にウケる鍋プロジェクト!」では、11/3を「鍋文化の日」と定め、一般のご家族を招いて唐沢寿明さんの「鍋トークショー」を開催しました。 唐沢さんは本CMで試された“ごましゃぶぽん”を気に入られ、トークショーの中でもゲストの沢村一樹さん他、会場の皆様にお薦めされていました。
■日時   : 2006年11月3日(金)
■内容   : 第一部 トークショー11:00〜12:05
  第二部 『鍋文化の日』イベント12:05〜12:35
  第三部 「日本全国 新ふるさと鍋」試食12:35〜13:30
■出演者 : 第一部 株式会社ミツカン 代表取締役社長 徳永美津男、唐沢寿明、沢村一樹
  第二部 赤堀料理学園 赤堀博美先生
■場所   : 品川プリンスホテル エグゼクティブタワー
■内容詳細  
第一部
『鍋文化の日 家族にウケる鍋』トークショー ステージを唐沢氏の自宅に見立てたシチュエーションドラマ風のトークショーで俳優の沢村一樹氏をゲストに招き、お二人の鍋のこだわりや鍋にまつわるエピソードなどを披露。

■唐沢寿明プロフィール

生年月日:1963年(S38) 6月3日
出身地 :東京都
趣味:映画鑑賞

■沢村一樹プロフィール

生年月日:1967年(S42)7月10日
出身地 :鹿児島
趣味:英会話・映画鑑賞・テニス・ビリヤード
第二部
『鍋文化の日』イベント
①知って得する『鍋』知恵袋 赤堀料理学園 赤堀博美先生による、知って得する鍋知識を伝授。 会場の家族に参加して頂き、鍋の歴史や地方のお鍋などにまつわる話を、クイズ形式で紹介。

②新ふるさと鍋チャレンジクッキング 会場のご家族がステージ上で、今回提供する鍋「阿波尾鶏のしゃぶしゃぶ」の具材作りに挑戦。 赤堀先生のレクチャーのもと、「日本全国 新ふるさと鍋」の”アクション“を体験して頂きました。

第三部
「日本全国 新ふるさと鍋」試食会  本プロジェクトの中心コンテンツとして開発された、全45種類のオリジナル鍋「日本全国 新ふるさ と鍋」。日本全国を15ブロックに分け、ご当地の料理学校の先生と共同で、地元の食材を使ったメニューに致しました。どの鍋も実際に家族で楽しみながら食べられるよう、「具を串刺し」にしたり「具を餃子の皮に包む」など何らかの“アクション”のエッセンスが取り入れられています。当日は45種類のうち、代表作を合計18種類ご試食いただきました。