1. サイトTOP>
  2. 健康情報>
  3. 「食と健康」ニュースリリース>
  4. 【酢的生活マガジン vol.13】「酢ジャム」で糖分ひかえめ「スイーツ」
「カルシウム吸収の促進」「疲労回復のサポート」「高めの血中脂質(血中総コレステロール)の低下」については、ヒトでの検証が出来ていないなどの理由から、現在は食酢の健康機能としては訴求しておりません(2017年5月1日追記)

NEWS RELEASE

もくじ

06/10/02

実りの秋 !! 甘熟酢を使った「酢ジャム」で簡単カロリーダウン

「酢ジャム」で糖分ひかえめ「スイーツ」

管理栄養士・ 松尾みゆき 先生オリジナルレシピ紹介

〔トピックス〕
甘熟酢だから出来た! お手軽「酢ジャム」レシピのすすめ
 

素材本来の甘味と香りが豊かな「甘熟酢」を使って、松尾みゆき先生オリジナルの新たなお酢レシピ「酢ジャム」をご提案。カロリーダウンしつつ、砂糖をひかえた「酢ジャム」と「酢ジャム」を使った「スイーツ」も合わせてご紹介します。

「お酢」プラス「糖分」で疲労回復効果がアップ
  エネルギーを消費するスポーツの後など、お酢は糖分と同時に摂取することで、エネルギー源であるグリコーゲンの再補充を促進します。
【参考】実りの秋・食欲の秋の別腹ご用心
  食欲の秋、つい食べ過ぎてしまうスイーツには一体どれくらいのカロリーが含まれているのでしょうか? 代表的な和洋菓子のカロリーの一覧を紹介します。
●お酢の分類いろいろ (ミツカンは100%醸造酢)〜醸造酢とはどんなお酢?〜
  「黒酢」「穀物酢」「米酢」「りんご酢」など、さまざまなお酢があります。食酢はどんな定義で分類されているのでしょうか? 分かりやすい食酢の分類を紹介します。
●街中でお酢を使った「スイーツ」発見! 甘熟りんご酢を使った“寒天ゼリー”
  東京:吉祥寺に「木花(KONOHANA)」がオープン。テイクアウトのスイーツショップです。

※「酢的生活」「甘熟」は、(株)ミツカングループ本社の商標です。

甘熟酢だから出来た!

お手軽「酢ジャム」レシピのすすめ

元来保存食としても利用されてきたジャムは、フルーツ等の素材を多くの砂糖で煮詰めて作ります。適度なとろみと保存効果を持たせるためには多くの砂糖を加えて糖度を高くすることが必要なのです。ですから、多量の砂糖を使って作られたジャムは、トーストに使う場合で1回(約15g)あたり約40kcalになります。

ここで、ジャムを作る時に砂糖を減らした分だけ「甘熟酢」を入れて作ってみましょう。「甘熟酢」は通常のお酢より素材本来の“甘味”と“香り”が豊かなお酢。そのままなめても“甘酸っぱい”100%醸造酢(※)です。

甘熟酢を使った「酢ジャム」は、防腐・静菌作用が加わり、カロリーを抑えながら低糖でも日持ちし、かつ適度な甘みと酸味が楽しめます。通常のジャムの作り方と比較して糖分で約65〜75%、カロリーで約40〜50%をカット(大さじ1あたり)。さらにお酢を使うことでペクチンの働きを助けて、とろみが増し風味も引き立ちます。

ジャムとしてパンに塗ってもよし、お菓子に使ってもよし。アイデア次第で様々な使い方ができる「酢ジャム」レシピをご紹介します。

(※) 100%醸造酢… 酢酸菌の働きを利用して酢酸発酵させて作るお酢。
P. 9 「お酢のいろいろ」参照


〜酢ジャムの作り方のコツ〜
  その1)お酢を煮詰める時は、酸に強い鍋(ホーローまたはステンレス製)を使う。
  ※電子レンジを利用すると、6〜15分の加熱ででき、アクを取る手間も省け大変手軽です。
  その2)味に苦みやえぐみがでてしまうので、煮ている途中にでてくるアクはしっかりとる
  その3)甘熟酢を使わない場合は、通常のお酢の半量のはちみつをプラスして入れる。
  ※甘熟りんご酢では大さじ2で60kcal。
  通常のりんご酢を使った場合は、大さじ2 (8 kcal)+はちみつ大さじ1 (65 kcal)で73kcalです。
※甘熟黒酢では大さじ2で38kcal。通常の黒酢を使った場合は、大さじ2 (14 kcal)+はちみつ大さじ1 (65 kcal)で79kcalです。
 
〜「甘熟りんご酢」「甘熟黒酢」について〜
「甘熟りんご酢」の原料は“りんご果汁”だけ、「甘熟黒酢」の原料は“玄米”だけをたっぷり使い素材本来の甘みと香りを豊富に取り込んだお酢。糖類・甘味料・香料などは一切加えていない100%醸造酢です。  水で割っただけでも美味しく呑んでいただけます。もちろん料理にもお使いいただけます。
料理研究科、管理栄養士 松尾みゆき先生
<ジャム、スイーツにお酢を入れると良い理由>
「甘熟りんご酢」の原料は“りんご果汁”だけ、「甘熟黒酢」の原料は“玄米”だけをたっぷり使い素材本来の甘みと香りを豊富に取り込んだお酢。糖類・甘味料・香料などは一切加えていない100%醸造酢です。  水で割っただけでも美味しく呑んでいただけます。もちろん料理にもお使いいただけます。

「お酢」プラス「糖分」で疲労回復効果がアップ

〜疲労回復効果を高めるお酢の摂り方〜

秋は体を動かすのが気持ちいい季節。スポーツの後、消費されたエネルギーをすばやく補給して後に疲れを残したくないものです。そこでおすすめは、スポーツの後にお酢を摂ること。

ミツカングループ本社中央研究所は名古屋大学佐藤祐造教授(現愛知学院大学)との共同研究によって、エネルギーの源となるグリコーゲン(糖分が体内で変化したもので、筋肉や肝臓に蓄えられている)の再補充について実験を行ったところ、糖分とともにお酢(主成分の「酢酸」)を摂ると運動により消耗されたグリコーゲンの再補充が促進されて疲労回復がさらに早くなることが明らかになりました。 つまり疲労回復に効果があるということです。
【参考】 実りの秋・食欲の秋の別腹にご用心
「食欲の秋」といわれるように、なぜかご飯が美味しくなる季節が秋。しっかりご飯を食べた後でも「甘いものは別腹」と、ついお砂糖たっぷりのお菓子を食べてはいませんか? 糖分はお菓子やケーキ、果物だけでなく、米や芋などの穀類にも含まれていて、消化されるとブドウ糖になり身体のエネルギー源になるので本来は必要なものです。しかし摂取し過ぎると皮下脂肪や内臓脂肪としてたくわえられ、肥満につながっていくのです。 肥満の兆候が出てくると、高血圧や高中性脂肪血症、糖尿病など、さまざまな生活習慣病の危険度も高まるので注意が必要です。

〜参考:代表的な和洋菓子カロリー表〜
   
 
※カロリーは 100gあたりの表示
【五訂増補 日本食品標準成分表より】 (平成12年:科学技術庁資源調査会編)
甘熟酢だから出来た!

〜疲労回復効果を高めるお酢の摂り方〜
砂糖をカットしてカロリーダウンしつつ、疲労回復のお手伝いもしてしまう一石二鳥なお酢の新しい使い方「酢ジャム」。今回はフルーツ・野菜等のおすすめの素材で作る「酢ジャム」とその「酢ジャム」を使ったスイーツをご紹介します。
※電子レンジを使えば6〜15分の加熱ででき、アクを取る手間も省けてお手軽にできます。

ゴールドキウイの甘熟りんご酢ジャム (34kcal/大さじ1)
甘熟りんご酢が入ることでコクのある甘みとフルーティーな酸味が加わり、舌に感じる甘さは十分あります。ゴールドキウイはグリーンキウイと比べ、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEが多く含まれています。
材料(150g分)
ゴールドキウイ 200g
グラニュー糖 大さじ3
甘熟りんご酢 大さじ2

※甘熟りんご酢ではなく一般のりんご酢を使う場合は大さじ1のはちみつを加えてください。
作り方  
[ 1 ] ゴールドキウイは皮をむき、へたを取り除く。2cm角くらいにザク切りし、正味200gを用意する。

[ 2 ] 鍋(ホーローまたはステンレス製)に[ 1 ]とグラニュー糖、甘熟りんご酢を入れて、軽く混ぜる。ふたをしないで、弱火にかける。アクをとりながら、15分ほど煮て、とろみがついてきたら、火をとめる。

ゴールドキウイの甘熟りんご酢ジャム

パインアップルの甘熟りんご酢ジャム (30kcal/大さじ1)
甘熟りんご酢が入ることで甘酸っぱさが強調されます。サラッとしたジャムなので、喉ごしよく食べられます。
材料(150g分)
パインアップル 200g
グラニュー糖 大さじ2
甘熟りんご酢 大さじ2

※甘熟りんご酢ではなく一般のりんご酢を使う場合は大さじ1のはちみつを加えてください。
作り方  
[ 1 ] パインアップルは皮と芯を取り除き、薄めのいちょう切りする。正味200gを用意する。
[ 2 ] 鍋(ホーローまたはステンレス製)に[ 1 ]とグラニュー糖、甘熟りんご酢を入れて、軽く混ぜる。ふたをしないで、弱火にかける。アクをとりながら、15分ほど煮て、とろみがついてきたら、火をとめる。 パインアップルの甘熟りんご酢ジャム

梨とさつまいもの甘熟りんご酢ジャム (28kcal/大さじ1)
甘熟りんご酢が入ることでコクのある甘みとフルーティーな酸味が加わり、砂糖の甘みではない自然な甘みが感じられます。さっぱりとした日本梨にほくほくのさつまいもを合わせました。さつまいもは熱に強いビタミンC、食物繊維が含まれており、栄養価も高い秋の食材です。
材料(200g分)
日本梨 100g
さつまいも 120g
グラニュー糖 大さじ3
甘熟りんご酢 大さじ2

※甘熟りんご酢ではなく一般のりんご酢を使う場合は大さじ1のはちみつを加えてください。
作り方  
[ 1 ] さつまいもは輪切りにして、水に10分ほどさらす。水気をきり、ラップをして電子レンジ(600W)で2分30秒加熱する。さつまいもの皮をむき、ボウルに入れてフォークなどでつぶす。(皮をむいて約100gになる)
[ 2 ] 梨は皮をむいて種を取り除き、2 cm角に切り、正味200gを用意する。
[ 3 ] 鍋(ホーローまたはステンレス製)に[ 2 ]とグラニュー糖、甘熟りんご酢を入れて、軽く混ぜる。ふたをしないで、弱火にかける。アクをとりながら、10分ほど煮る。軽くとろみがついてきたら、[ 1 ]を入れて混ぜ合わせて、2分ほど煮る。 梨とさつまいもの甘熟りんご酢ジャム

フルーツトマトの甘熟黒酢ジャム (27kcal/大さじ1)
甘みのあるフルーツトマトに甘熟黒酢が入ることでのコクのある酸味が加わり、全体がまろやかになります。トマトには抗酸化作用のあるリコピンが含まれています。熱に強い性質なので、ジャムにすると栄養価が濃縮されます。
材料(150g分)
フルーツトマト 220g
グラニュー糖 大さじ3
甘熟黒酢 大さじ2

※甘熟黒酢ではなく一般の黒酢を使う場合は大さじ1のはちみつを加えてください。
作り方  
[ 1 ] フルーツトマトは湯むきして皮をむき、へたを取り除く。2cm角くらいにザク切りし、正味200gを用意する。

[ 2 ] 鍋(ホーローまたはステンレス製)に[ 1 ]とグラニュー糖、甘熟黒酢を入れて、軽く混ぜる。ふたをしないで、弱火にかける。アクをとりながら、15分ほど煮て、とろみがついてきたら、火をとめる。

フルーツトマトの甘熟黒酢ジャム

バナナの甘熟黒酢ジャム (22kcal/大さじ1)
甘みの強いねっとりとしたバナナに甘熟黒酢が入ることでのコクのある酸味が加わり、さっぱりと食べやすくなります。バナナには消化吸収のよい糖質が含まれており、お酢に含まれる酢酸を一緒にとると疲労回復効果がアップします。
材料(230g分)
バナナ 200g
グラニュー糖 大さじ2
甘熟黒酢 大さじ2
レモン汁 大さじ1

※甘熟黒酢ではない一般の黒酢を使う場合は大さじ1のはちみつを加えてください。
作り方  
[ 1 ] バナナを正味200g用意し、ボウルに入れてフォークでつぶす。
[ 2 ] 鍋(ホーローまたはステンレス製)にグラニュー糖、甘熟黒酢を入れて、軽く混ぜる。ふたをしないで、弱火にかける。グラニュー糖が溶けたら、[ 1 ]を入れて5分ほど煮る。とろみがついてきたら、火をとめ、レモン汁を入れて混ぜ合わせる。 バナナの甘熟黒酢ジャム

パンプキンとオレンジの甘熟黒酢ジャム (22kcal/大さじ1)
ほっくりしたかぼちゃに甘酸っぱいオレンジを組合せて甘熟黒酢を入れることで、味にコクと深みが出ます。かぼちゃにはβ―カロテンやビタミンE、食物繊維など栄養価の高い野菜です。
材料(200g分)
オレンジ 100g
かぼちゃ 120g
グラニュー糖 大さじ3
甘熟黒酢 大さじ2

※甘熟黒酢ではない一般の黒酢を使う場合は大さじ1のはちみつを加えてください。
作り方  
[ 1 ] かぼちゃは一口大に切り、ラップをして電子レンジ(600W)で2分加熱する。かぼちゃの皮をむき、ボウルに入れてフォークなどでつぶす。(皮をむいて約100gになる)
[ 2 ] オレンジは薄皮をむいて果肉を取り出し、半分に切る。正味100gを用意する。
[ 3 ] 鍋(ホーローまたはステンレス製)に[ 2 ]とグラニュー糖、甘熟黒酢を入れて、軽く混ぜる。ふたをしないで、弱火にかける。アクをとりながら、10分ほど煮る。軽くとろみがついてきたら[ 1 ]を入れて混ぜ合わせ、2分ほど煮る。 パンプキンとオレンジの甘熟黒酢ジャム


“酢ジャム”を使ってカロリーを減らした “スイーツ”レシピ

そのまま塗って食べる以外にも甘熟酢で作った「酢ジャム」の活用方法は様々。“酢ジャム”を使うことでカロリーを軽減した“スイーツ”レシピをご紹介します。

バナナの甘熟黒酢ジャムとくるみのパウンドケーキ (114kcal/1枚)
バナナの甘熟黒酢ジャムを砂糖の代わりに使用したバナナの自然の甘さがおいしいパウンドケーキ。バナナの甘熟黒酢ジャム以外のジャムでも作れます。
材料
(7×16×6cmのパウンド型 1台分)
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
砂糖 大さじ2
ひとつまみ
全卵 2個
バナナの甘熟黒酢ジャム 150g
くるみ(荒めに刻む) 20g

作り方  
[ 1 ] パウンド型にオーブンペーパーを敷く。薄力粉とベーキングパウダーをあわせてふるう。
[ 2 ] ボウルにバターを入れてやわらかくなるまで練り、砂糖と塩を加えてすり混ぜる。溶き卵を少しずつ加えながら混ぜ、バナナの甘熟黒酢ジャムを加えて、混ぜ合わせる。
[ 3 ] [ 2 ] に[ 1 ]の粉類とくるみを加えて、さっくりと混ぜる。[ 1 ]の型に流し、180度のオーブンで約40分焼く。
[ 4 ]焼きあがったら型からはずし、冷めたらオーブンペーパーをはずして1cm厚さに切る。 バナナの甘熟黒酢ジャムとくるみのパウンドケーキ

ココナッツミルクのパンナコッタ パインアップルの甘熟りんご酢ジャムがけ
(119kcal/1人分)
ココナッツミルクの風味が香る、アジアン風パンナコッタ。ココナッツミルクのコクが甘酸っぱいジャムとの相性も抜群。ゴールドキウイの甘熟りんご酢ジャムもおすすめ。
材料(ゼリー型3個分)
ココナッツミルク 100g
牛乳 120g
粉ゼラチン 大さじ3
大さじ2
パインアップルの甘熟りんご酢ジャム 大さじ3
ミント 適量

作り方  
[ 1 ] 小さいボウルに分量の水を入れ、ゼラチンをふり入れてふやかす。
[ 2 ] 鍋にココナッツミルクと牛乳、砂糖を入れて、火にかける。沸騰したら火をとめ、1を加え混ぜて溶かす。
[ 3 ] 水にくぐらせた型に[ 2 ]を流して冷蔵庫で冷やし固める。 パンプキンとオレンジの甘熟黒酢ジャム
[ 4 ] 3が固まったら、型から取り出し器に盛る。パインアップルの甘熟りんご酢ジャムをかけ、ミントを添える。

パンプキンとオレンジの甘熟黒酢ジャム入り 豆乳の焼きプリン (145kcal/1人分)
ほっくりしたかぼちゃの素材感のあるジャムを混ぜ込んだ栄養満点のプリン。豆乳には話題の大豆サポニンが含まれています。大豆サポニンは抗酸化作用のほか、脂質の吸収を抑えるなどの効果もあります。梨とさつまいもの甘熟りんご酢ジャムやバナナの甘熟黒酢ジャムもおいしく食べられます。
材料(プリン型3個分)
【A】
豆乳 150ml
全卵 1個
卵君 1個
パンプキンとオレンジの甘熟黒酢ジャム 100g
バニラエッセンス 適量
【B】
メープルシロップ  

作り方  
[ 1 ] ボウルに【A】を入れて、よく混ぜ合わせる。プリン型に流し、オーブントースターの受け皿にのせてアルミホイルをかぶせて15分、アルミホイルをはずして15分ほどオーブントースターで焼く。
[ 2 ] [ 1 ]の粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、食べる直前に【B】のメープルシロップをかける。
  パンプキンとオレンジの甘熟黒酢ジャム

水切りヨーグルト ゴールドキウイの甘熟りんご酢ジャムがけ (127kcal/1人分)
フレッシュチーズのような濃厚な味の水切りヨーグルトの上に甘酸っぱいジャムをソース代わりにかけます。パインアップルの甘熟りんご酢ジャムやフルーツトマトの甘熟黒酢ジャム、バナナの甘熟黒酢ジャムでもおいしく食べられます。
材料(1人分)
プレーンヨーグルト 150g
ゴールドキウイの甘熟りんご酢ジャム 大さじ1
セルフィーユ 適量

作り方  
[ 1 ] ざるにキッチンペーパーを敷き、ボウルの上に置く。ヨーグルトを入れてペーパーをかぶせて、冷蔵庫で約5時間水切りする。
[ 2 ] [ 1 ]を器に盛り、ゴールドキウイのジャムをかけてセルフィーユを添える。
  パンプキンとオレンジの甘熟黒酢ジャム

お酢の種類いろいろ
(ミツカンは100%醸造酢)

〜醸造酢ってどんなお酢?〜

■酸っぱさのもとは“酢酸”
お酢(醸造酢)とは「穀類や果実などを原料に酢酸発酵させた液体調味料」のこと。主成分の“酢酸”のほかに、たくさんの有機酸が含まれており、その違いが味や風味の違いとなっています。
■品質表示基準による食酢の分類
日本では、品質表示基準によって食酢の基準が定められており、「醸造酢」と「合成酢」に分類されます。さらに、醸造酢は穀物酢(穀物酢、米酢、米黒酢、大麦黒酢)と果実酢(果実酢、りんご酢、ぶどう酢)に分類されます。
食酢 醸造酢 穀類、果実、アルコール、砂糖類を酢酸発酵させた液体調味料であって、かつ、氷酢酸または酢酸を利用していないもの。
穀物酢 1リットル中 穀類を40g以上利用したもの。
米酢 1リットル中 米を40g以上利用したもの。
ただし米黒酢をのぞく。
米黒酢 原材料に米(玄米のぬか層の全部を取り除いて精白したものを除く)またはこれに小麦または大麦を加えたもののみを使用したもので、1リットル中 米を180g以上利用したもの。かつ発酵および熟成によって褐色または黒褐色に着色したもの。
大麦黒酢 原材料に大麦のみを使用したもので、1リットル中 大麦を180g以上使用したもの。発酵および熟成によって褐色または黒褐色に着色したもの。
果実酢 果実酢 1リットル中 果実の搾汁を300g以上使用したもの。
りんご酢 1リットル中 りんごの搾汁を300g以上使用したもの。
ぶどう酢 1リットル中 ぶどうの搾汁を300g以上使用したもの。
合成酢 氷酢酸または酢酸の希釈液に砂糖類を加えた液体調味料、もしくはそれに醸造酢を加えたもの。

街中で甘熟りんご酢を使った寒天ゼリー発見!
「木花 KONOHANA 」(吉祥寺)2006年9月4日OPEN!

“甘熟りんご酢”を使った寒天スイーツショップ

 9月4日吉祥寺に「木花 KONOHANA」がオープンしました。
  甘熟酢シリーズを使用したメニューが人気のレストラン「関内本店 月」の下村シェフが商品開発を担当。テイクアウトのスイーツショップです。
 木花では「Okan」(おうかん)シリーズという寒天ゼリー6品を展開。その中の「りんご酢」はミツカン「甘熟りんご酢」を使用したものです。
 上段はハチミツゼリー、下段が甘熟りんご酢使用のゼリーの二層仕立て。甘熟酢の層には「甘熟りんご酢」が10mlほど入っており、風味豊かなりんご酢の香りを楽しめます。
 すっぱさが魅力のヘルシーな甘熟りんご酢とハチミ ツの甘みが合わさって飽きのこないまろやかな味が魅力です。

パンプキンとオレンジの甘熟黒酢ジャム
●Okan(おうかん)「りんご酢」     1個350円
●Okan(おうかん)シリーズ6個セット  2000円
※全てテイクアウトのみ
パンプキンとオレンジの甘熟黒酢ジャム
  • 木花 KONOHANA
  • 営業時間 11:00〜18:00 無休
  • 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-7
  • Tel/Fax 0422-20-8322
    http://www.kono-hana.com/
パンプキンとオレンジの甘熟黒酢ジャム