ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2006年>
  4. 9月6日が「黒酢の日」に制定されました!

NEWS RELEASE

もくじ

06/08/31

9月6日は黒の日

9月6日が「黒酢の日」に制定!

「黒酢」でつくる「バナナサワードリンク」プロモーション開始!

〜06年ミツカン「食酢」TVCM 第3弾「家族篇」のご案内〜


株式会社ミツカン(本社:愛知県半田市)は、この度9月6日が9と6で「黒」の語呂合わせから、「黒酢の日」として制定されたことを記念して、健康イメージの高い「黒酢」でつくる「バナナサワードリンク」をTVCM、商品(ボトルネッカー)、店頭での販促活動で広く提案いたします。
また、飲用向けだけでなく、「黒酢の鶏のさっぱり煮」や「黒酢豚」など、「黒酢」を使うことで一味違う美味しさが味わえる調理向けレシピをあわせて提案いたします。

なお、9月6日は、「黒豆の日」「鹿児島黒牛・黒豚の日」など、カラダにうれしい「黒」の食材の記念日としても制定されています。(日本記念日協会ホームページより)
■健康のために興味関心のある食材  06年7月ミツカン調べ 郵送調査 主婦=274人
 

健康のために興味関心のある食材 06年7月ミツカン調べ 郵送調査 主婦=274人

 
黒酢のバナナサワードリンク 黒酢の鶏のさっぱり煮 黒酢豚
  ※レシピ情報は、Webサイトをご参照ください。  URL :http://www.mizkan.co.jp/osu/
『06年ミツカン「食酢」TVCM 第3弾「家族篇」』概要
 
期間 9月2日(土)〜9月11日(月)
エリア 全国
ボリューム 1,000%
CF内容 第3弾「ワンスプーン家族篇」
ワンスプーン、大さじ「15ml」の笑顔と健康をお届けするシリーズ第3弾。
一般のご家族に、ご出演いただいたおかげで、なんともほのぼの温かい、秋冬仕立てのCMです。
露出商品 純玄米黒酢
登場メニュー 「黒酢のバナナサワードリンク」
WebサイトURL http://www.mizkan.co.jp/osu/
※「黒酢のバナナサワードリンク」のレシピなどを紹介しております。
TVCM紹介カット
 
CM露出商品 06年春新製品
純玄米黒酢 500ml 892円(税込み) 甘熟™黒酢 280ml 787円(税込み)
国産玄米だけを豊富に使用した、毎日続けられる飲みやすい黒酢です。アミノ酸などの旨味成分を豊富に含んでおり、酸味がまろやかなのが特徴です。また低温で熟成することにより、くせの原因となっている成分を抑えています。 「健康」と「おいしさ」を両立させた、素材の甘みが感じられる黒酢です。 玄米本来のコクのある甘みと香りを引き出す技術により、 水で薄めるだけで、おいしく飲むことができる品質を実現しました。
参考資料『意外に知られていない「黒酢」の基礎知識』
■黒酢が公的に定義されたのは2004年7月
  注目を集める黒酢ですが、実は最近まで明確な定義はありませんでした。そのため粗悪品が出まわる危険が危惧され、2004年7月、農林水産省は黒酢の品質表示基準を定め、食酢の中に「米黒酢」と「大麦黒酢」の2項目を新たに加えました。
 
■黒酢が黒いのは発酵・熟成過程で起こる"色の変化"が原因
  黒酢が黒いのは、発酵・熟成過程で起こる「アミノカルボニル反応」という化学反応によるものです。この反応は、アミノ酸(アミノ基)と糖分(カルボニル基)の存在下で起こり、褐変※や香りの生成などをもたらすことから、食品の品質に重要な役割を果たしています。
黒酢は他の食酢と比較して糖とアミノ酸が多く含まれているので、色が黒く変化します。
※褐変・・・色が褐色に変化すること 糖分とアミノ酸を加えた液体を加熱することにより、模擬的に黒酢が褐変する様子を再現。原料(糖分・アミノ酸)が多いと、短い期間でも濃い色となる。
 ■米酢も黒酢も主成分は「酢酸」
  米酢も黒酢も、酢酸発酵により作られる食酢の主成分は酢酸です(下表参照)。アミノ酸も含まれており、食酢の旨みやまろやかさに影響を与えています。ただし、アミノ酸の健康効果については、食酢に含まれる程度の量でどのような効果が期待できるのか、現段階では研究成果は出ていません。
なお、健康食品として話題の「もろみ酢」は食酢ではありません。一般的にタイ米を原料とした泡盛(沖縄焼酎)の酒かす(もろみ)から抽出したもので、酢酸発酵は経ておらず、主成分はクエン酸です。
黒酢の定義(食酢品質表示基準*平成16年10月7日農林水産省告示第1821号)