1. サイトTOP>
  2. 健康情報>
  3. 肥満気味の方の内臓脂肪の減少

肥満気味(※1)の方の内臓脂肪の減少

肥満気味の方の内臓脂肪を減少させるお酢の働きが証明されました。

気になる内臓脂肪にお酢が効果的

みなさん、内臓脂肪って知っていますか?体の中にある内臓の周りにつく脂肪のことです。これが溜まると、高血糖や高血圧などを引き起こし、最近、いろんなところで耳にするメタボリックシンドロームにつながるんですね。お酢には毎日継続的にとることで肥満気味の方の内臓脂肪を減少させる働きがあることが、科学的に証明されました。同時に、体重、BMI(※2)、血中中性脂肪、及び腹囲を下げる作用があることも確認されました。さあ、お酢で健康的な体を目指しませんか。

(※1)日本肥満学会では、BMIが25以上30未満を肥満(1度)と定めています。ここでは肥満(1度)を肥満気味と表現しました。
(※2)Body Mass Indexの略。体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出される肥満度を表す指数のこと。

大さじ一杯(約15ml)の食酢をとることで、内臓脂肪が減る!

12週間継続摂取による腹部内臓脂肪面積の変化

食酢を毎日15ml摂取した場合、内臓脂肪面積に変化が見られます。

腹部脂肪面積の変化の様子(平均的なCTスキャン画像例)

食酢摂取開始前と、摂取12週間後では、腹部脂肪面積に変化が見られます。
体重変化量、腹囲変化量、BMI変化量、血中中性脂肪の変化量

「Vinegar intake reduces body weight, body fat mass, and serum triglyceride levels in obese Japanese subjects」
(Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry73(8):1837-1843 2009)より作成(対象者104名のデータにて)

【試験の概要】 肥満気味(BMI:25-30kg/㎡)で平均血中中性脂肪が155.5mg/dl(正常値は150mg/dl未満)の男女に食酢約15ml(酢酸750mg)を含む飲料、または、含まないプラセボ飲料(食酢の代わりに乳酸で味を似せた比較用の飲料)を1日1本(500ml)、朝晩2回に分けて12週間毎日続けて摂取してもらったところ、食酢を含む飲料を摂った多くの方で内臓脂肪、体重、腹囲、BMI、血中中性脂肪が減少しました。12週間摂取後の平均減少率は、内臓脂肪:4.9%、体重:1.6%、腹囲:1.5%、BMI:1.5%、血中中性脂肪:18.2%でした。