facebook line

(5)すし盛りの話

すし盛りといえば、今はたいていが「流し」であるが、むかしはすしを段積みにする「積み」にした。
もっともそれまでに「流し」がなかったわけではないが、それは別名「台屋盛り」(ダイヤ=遊郭出入りの料理屋)。

すしの数は少なくて、そのうえ飾りのササばかりが目立つ。「台屋から、(竹やぶみたいな)虎の出そうなすしが来る」とさえいわれたものである。

Copyright(c) 2020 Mizkan Holdings Co.,Ltd. All Right Reserved.
mizkan
PAGE TOP