facebook line

おすし屋さん カウンターデビュー講座(3)すしを食す

まるで小さな宝石のようなおすしたち。
食べ方に気を使うと、センス良く、美味しくいただけます。

しょうゆはタネにつけるか、すし飯につけるか

しょうゆがついていない場合、しょうゆはタネ側につけるようにしましょう。
はしや指でおすしを回転させ、タネ側にしょうゆをつけるようにしましょう。慣れてくると、粋なしぐさに見えますよ。
少量のガリをはけのように使い、しょうゆをつけても良いでしょう。

握りたてを、そのままで。

カウンターに出された握りずしは溜めずに、早めにいただきましょう。握りたてが一番おいしいからです。2つに切らず、一口で頂きましょう。
おすしが大きな時は、「すし飯は小さめに」と伝えると、少なめのすし飯で握ってもらえます。糖質を気にしている方にもオススメです。

今夜は手で。

おすしは、はしを使っても、そのまま手でいただいても、どちらでも構いません。
せっかく職人さんの手から生まれたおすしたち。
今夜はいただく側も「まるで職人とおすしを介して握手をするように」手でいただいてみましょう。

おすしと舌のファーストタッチは

すし飯が舌に触れるように口に運んでみましょう。口に含んだ瞬間、フワッとほぐれるようにすし飯が口中に広がります。
職人のすし飯の握り方が舌で愉しめる瞬間です。

名脇役、ガリとお茶。

ガリやお茶はおすしをいただく合間にいただきましょう。
舌をリセットし、次のおすしをおいしくいただくことが出来ます。
ガリの食べすぎに注意。食べ過ぎると口の中に生姜の味が残ってしまいます。

お出かけ前にのれんをくぐる寿司を食すカウンターデビュー講座TOP
Copyright(c) 2020 Mizkan Holdings Co.,Ltd. All Right Reserved.
mizkan
PAGE TOP