ナビゲーションをスキップする

  1. 商品情報
  2. ミツカンのはなし
  3. メニュー・レシピ
  4. ミツカンのCM
  5. 商品ブランドサイト
  6. お客様相談センター
  7. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ミツカンのはなし>
  3. 意外なヒット商品は?

教えて!ミツカン 意外なヒット商品は?

家庭的な中華料理の味と使いやすい粉末タイプです。「赤箱」の名称で固定ファンに長く愛され続けています。

実は隠れたロングセラー商品である中華の素!1968年「酢豚の素」発売から、中華調味料市場拡大に合わせて、商品ラインアップは増えていきました。他社商品はレトルトの液体調味料が多い中で、ミツカンは手軽で簡単に作れる「粉末タイプ」にこだわり、お値打ちな2袋入りという特徴で独自のポジションを確立してきました。

発売当時の「酢豚の素」

1979年当時のラインアップ。中華調味料市場の拡大と共に商品は増加

1981年「赤箱」として商品パッケージをリニューアル

担当者に聞く!

商品パッケージの変遷

1981年にリニューアルした商品パッケージは、30年間ほぼ変わらずに「赤箱」の名称で現在でも一定のファンに親しまれています。

外食の人気メニューを家庭の味へ。そのままでたっぷり使える商品です。

1970年頃に、中華料理店やレストランなどで「冷やし中華」が人気メニューとなり、それを家庭でも楽しめるようにしたいという想いから生まれました。
当初は需要が夏季に限られているのと、主な販売地域が北海道に集中していたので苦労しました。
家庭ではなかなかだせない味で、麺に添付しているつゆとは違いお好みの量を使えることが評価をいただいている点です。

左:「冷麺のつゆ」で当初は発売
右:3年後「冷やし中華(レーメン)のつゆ」に変更

担当者に聞く!

冷麺=冷やし中華だった!?

関西圏では、冷やし中華が「冷麺」の愛称で親しまれており、当時の担当者が関西出身ということで「冷麺のつゆ」として発売されました。しかし、関西以外の地域では「冷やし中華」が一般的だったので、発売後3年で「冷やし中華(レーメン)のつゆ」に変更しました。

ぎょうざにぴったりの酢・しょうゆ・糖のバランスが売れ続ける理由です。

1978年に餃子市場のさらなる拡大を見込み、大人から子供まで美味しく食べられる味を目指して発売しました。営業、販売促進を省力化し、消費者のニーズをスムーズに取り込んだ商品です。
酢、しょうゆ、糖のバランスが良く、香辛料をほどよく入れているので、そのままおいしくぎょうざを食べられます。

1982年のラベル

担当者に聞く!

首掛けを採用

当時としては珍しかった商品への首掛けを採用し、お客様の目を引こうと努力しました。