実はオランダ語!?ポン酢の語源

閉じる

ポン酢の語源

鍋料理で「ポン酢」と聞くと味のついたポン酢醤油を思い浮かべがちですが、もともとポン酢はレモンやスダチといった柑橘類の果汁のことを意味しています。

ポン酢の語源として、オランダ語で橙の果汁を指すpons(ポンス)に由来する、という説があります。
ponsはブランデーに果汁や砂糖などを加えた飲み物を意味することもあり、ここからフルーツポンチの原型といわれるインドの飲み物にさかのぼることもできます。これはサンスクリット語で「5」を意味する飲み物で、5つの材料を混ぜ合わせたものでした。これが伝わってイギリスではポンチ、オランダではポンスと呼ばれるようになったのです。ポン酢とフルーツポンチがつながるなんて、何だか不思議な気がしますね。
ちなみにミツカンの「味ぽん」は、「味付けぽん酢」という言葉を縮めて作られた商品名です。