ナビゲーションをスキップする

  1. 商品情報
  2. ミツカンのはなし
  3. メニュー・レシピ
  4. ミツカンのCM
  5. 商品ブランドサイト
  6. お客様相談センター
  7. MIM ミツカンミュージアム
  • Twitter
  • Facebook
  • おすすめ動画

にんじんにんじん

カロテンの王様 
豊かな甘みが魅力の緑黄色野菜

旬期間 5月〜6月

※旬野菜カレンダーは日本における旬のあくまで目安です。
地域・品種・気候・栽培方法により旬の時期が異なる場合があります。

※旬野菜カレンダーは日本における旬のあくまで目安です。
地域・品種・気候・栽培方法により旬の時期が異なる場合があります。

  • 特徴特徴

    どんな料理とも良く合う人気の緑黄色野菜。一年を通して楽しむことができますが、中でもおいしいのは5~6月の「新にんじん」。やわらかくジューシーで、他の時期のものより豊かな甘さが味わえます。 鮮やかなオレンジ色は、豊富に含まれているカロテンの色素によるもの。たくさんの具材が揃う鍋料理に彩りを添えてくれます。体内でビタミンAに変換されるβ-カロテンは油との相性が良く、きんぴらや天ぷら、バターソテーなどの料理もおすすめです。また、数ある野菜の中でも独特の甘みを持っているため、ケーキなどのデザートにも頻繁に使われます。

    ※鍋の食材カレンダーは日本における旬のあくまで目安です。地域・品種・気候・栽培方法により旬の時期が異なる場合があります。

    選び方のポイント選び方のポイント

    なめらかで形が良く、引き締まったものを選びましょう。オレンジ色が濃いものは、たくさんカロテンを含んでいるサイン。茎の部分が黒くなっているものは避けてください。

    保存方法保存方法

    水気と高温に弱いにんじんは、野菜庫での保存が最適。新聞紙に包み、ポリ袋などに入れて立てておくと鮮度を保つことができます。カットして余ってしまったものは、きちっとラップをして保存。早めに使いきってください。

    調理のポイント調理のポイント

    ポイント[1]
    カロテンは油に溶けやすいため、炒め物など油を使った調理法もおすすめです。
    ポイント[2]
    アクが出るので、煮物などで食べる時は皮をしっかりとむきましょう。

    含まれる栄養素含まれる栄養素

    可食部分100gあたり

    エネルギー 37kcal
    β-カロテン 9100μg
    食物繊維 2.7g
    ナトリウム 24mg
    0.2mg

    「5訂日本食品標準成分表」より

  • この食材を使用した鍋この食材を使用した鍋

    豚肉とたっぷり野菜の水炊き

    豚肉とたっぷり野菜の水炊き

    たっぷり入った彩り野菜と、豚肉の旨みが食欲をそそる水炊き鍋。大根おろしや一味唐辛子を入れて、味にアクセントを加えるのがポイントです。


ページ
TOPへ