くめ納豆とは?

くめ納豆は、創業から60余年。「おいしい納豆をつくりたい」というたった一念をこれまで原動力にしてきました。奥久慈の大自然と伝統の技が息づく「納豆」という素朴な食品に、私たちはこれからも「質」に誇りを持ち続けることをお約束します。

くめ納豆史はこちら

くめ納豆

くめ納豆とは?

くめ納豆

今から半世紀以上も昔、昭和27年。茨城県の緑豊かな奥久慈の里にて、創業者石塚昇が小さな手作りの納豆業を営み始めました。もともと努力家で探究心の強い石塚は、創業後数年で発酵室温度調整サーモメーターを考案したり、経木を使用した舟形容器を開発して実用新案をとるなど、次第に自分なりの納豆製造方法を確立していきました。だれよりも「うまい納豆」を作るというその一念で試作を重ねた結果「茨城の山奥でできたうまい納豆」と評判になり生産が需要に追いつかない事態まで引き起こしたのです。

それ以来、品質向上に余念はなく、全国の家庭に届けられるようになりました。

くめ納豆創業者 石塚昇
くめ納豆創業者 石塚昇

仕込み風景仕込み風景

深く知る「丹精」

丹精

大豆のこだわり
大豆は北海道で栽培された国産大豆「ユキシズカ」を100%使用しています。数ある品種の中から、納豆に適した大豆を選抜しました。
容器、包装のこだわり
わら柄の高級感のある納豆容器を使用しています。
丹精専用容器を高級感のある和紙のような質感の袋で包みました。
製法のこだわり
こだわりの大豆をやさしくじんわり蒸らしながら炊き上げることで、豆の表面はもちっとした弾力で、中はしっとりやわらかな、もっちり食感の納豆ができました。
添付品のこだわり
金ごま、のり、ねぎの入った「やくみ」を添付しています。金ごまは、香りがよく、味にコクがあるのが特徴です。更に、再仕込み醤油を使用した特製たれと、和からしが、納豆をより一層おいしく引き立てます。

くめ納豆史はこちら

ページトップへ