ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2011年>
  4. 「Border Holdings」社の全株式を取得し、米国ヒスパニックフード市場へ参入

「Border Holdings」社の全株式を取得し、米国ヒスパニックフード市場へ参入


2011年5月13日

ミツカングループは、米国の調味料会社ボーダーフーズ社(Border Foods, Inc. 本社:ニューメキシコ州)を事業会社に持つ、ボーダーホールディングス社(Border Holdings, Inc. 本社:ニューメキシコ州)の全株式を5月12日(米現地時間)に取得いたしました。今後、ミツカングループの米国現地法人ミツカンアメリカズ(Mizkan Americas, Inc. 本社:イリノイ州)が新たに缶詰・瓶詰を中心とした米国ヒスパニックフード市場へ参入し、米国調味料市場でのビジネスを更に拡大して参ります。

目的

  1. 1.成長している米国ヒスパニックフード市場への参入
  2. 2.ミツカンアメリカズ既存ビジネスとの物流・営業上でのシナジー効果の発揮
  3. 3.缶詰・農産原料調達などのノウハウ吸収による米国の調味料市場での更なる基盤強化

ボーダーフーズ社について

社名:Border Foods, Inc.

創業は1972年。グリーンチリ・ハラペーニョ(唐辛子の一種)の加工、エンチラーダソース(チリ、トマトピューレ、オリーブオイル、玉葱、ニンニク等の合わせ調味料)の製造などを行なっており、メーカーや流通業者に製品を提供しております。

ミツカングループの米国での事業展開

ミツカングループの米国への本格的進出は、1981年の食酢メーカー、アメリカン・インダストリー社の買収からおよそ30年になります。
1985年にリンドンビル社、1987年にインディアンサマー社、2000年にスピーコ社、2007年にクレオール社など現地の有力食酢メーカーを買収し、北米の食酢及び調味料市場での基盤を強化・拡大してまいりました。(2011年5月時点での米国内生産拠点は15工場)
食酢メーカーの買収により現地での生産拠点やチャネルを拡大するとともに、2005年には米国家庭用クッキングワインでシェアNo.1の「Holland House」(日本名:ホランド・ハウス)ブランドや、2010年にはマリネードソース&バーベキューソースを全米で販売している「World Harbors」(日本名:ワールド・ハーバー)ブランドを取得しております。