ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2010年>
  4. 中国事業の更なる効率化を図るため、醤油販売子会社を売却

中国事業の更なる効率化を図るため、醤油販売子会社を売却


2010年5月20日

ミツカングループ(愛知県半田市)は、中国事業の更なる効率化を図るため、5月17日に、中国における醤油、味噌類、その他調味料の販売子会社「北京虎王和田寛食品有限公司」を売却いたしました。

今後、ミツカングループは、以下の3社((1)、(2)、(3))体制にて、より効率的に中国事業を推進してまいります。

ミツカングループの現地関連会社一覧

(1) 味滋康(香港)投資控股有限公司 北京二商味滋康食品有限公司、
北京虎王和田寛食品有限公司の2社の持ち株会社
(所在地:香港)
(2) 味滋康(中国)商業貿易有限公司 食品、飲料、酒類等の販売(所在地:北京市)
(3) 北京二商味滋康食品有限公司 食酢、調味料、その他食品の製造(所在地:北京市)
(4) 北京虎王和田寛食品有限公司 醤油、味噌類、その他調味料の販売(所在地:北京市)

※上記のうち、(4)の「北京虎王和田寛食品有限公司」の全株式を売却いたしました。

ミツカングループのアジア進出

ミツカングループは、1994年、タイに現地法人「ナカノタイランド」(現 ミツカンタイランド)を設立して以来、2004年に「ミツカンアジアパシフィック」をシンガポールに設立し、2005年には中国の食酢・醤油メーカー3社の持ち株会社 「和田寛(香港)投資控股有限公司」(現 味滋康(香港)投資控股有限公司)を買収、北京において100%子会社である販売会社 「味滋康(中国)商業貿易有限公司」を設立するなど、着実にアジアでのビジネス展開の足固めをしてまいりました。

今後とも、ミツカンの技術を生かし、現地の食文化にあわせた事業活動を行ってまいります。