ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2010年>
  4. 節分の「恵方巻き」、節約傾向へ

節分の「恵方巻き」、節約傾向へ

〜今年は賢く・美味しい手作りがお薦め〜


2010年1月14日

株式会社ミツカン(愛知県半田市)は、節分の風習として全国に定着した感のある「恵方巻き」について、09年の状況を調査いたしました。調査からは、「恵方巻き」の1本当たりの平均購入金額が減少し、節約志向が節分の風習にまで及んでいる様子が伺えます。

9割を超える高い認知率、風習の作法も全国に浸透

今回の調査では、「恵方巻き」の認知率は93.8%、「恵方巻き」を食べる作法の認知率も70%以上と高く(図1)、今や風習の作法までも全国に浸透していることが分かります。

グラフ:「恵方巻き」の認知率は93.8%、「恵方巻き」を食べる作法の認知率も70%以上と高く、今や風習の作法までも全国に浸透していることが分かります。

図1:「恵方巻き」と、その作法に関する認知率(N=2520)

「恵方巻き」1本あたりの平均購入金額が減少

「恵方巻き」の入手方法は、スーパー等での購入が多く(図2)、1本当たりの平均購入金額は461.7円でした(図3)。これは08年より約20円減少しており、「恵方巻き」への出費を控える傾向が見られます。

グラフ:「恵方巻き」の入手方法は、スーパー等での購入が最も多いようです。

図2:食べた「恵方巻き」の入手方法(N=1004)

グラフ:1本当たりの平均購入金額は461.7円でした。

図3:「恵方巻き」1本当たりの平均購入金額(N=798)

経済性を重視し、2割が手作り「恵方巻き」を実践!

一方、「恵方巻き」を手作りする人は約2割で、手作りの経済性を最も支持しています。また、「好きな具材が入れられる」「おいしい」など、味の面も高く評価されています(図4)。
ちなみに、ミツカンお薦めの手作り「恵方手巻き」(図5)の食材費は、1人前(手巻き5本分)約215円です。単純には比較できませんが、「恵方巻き」を購入する場合(461.7円)に比べて、とても経済的に楽しめそうです。
厳しい経済状況が続く今年の節分を、経済的に美味しく楽しむ工夫として、今年は手作り「恵方巻き」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

グラフ:、「恵方巻き」を手作りする人は約2割で、手作りの経済性を最も支持しています。

図4:「恵方巻き」を手作りした理由(N=217)

図5:「恵方手巻き」レシピ

※図1〜4の出典:ミツカン「09年 恵方巻き喫食度調査」2009年2月4日〜7日 WEB調査 全国の20〜59歳までの男女

参考資料「恵方巻き」の由来と作法

「恵方巻き」とは、節分にその年の「恵方(えほう)」を向いて巻き寿司(恵方巻き)を食べながら、一年の健康や幸福を願う関西地方の風習です。
「福を逃がさないよう食べ終わるまで無言のまま」「縁を切らないために包丁で切らずそのまま食べる」など、食べ方に作法があります。そのため、「恵方巻き」は「丸かぶり寿司」とも言われています。