ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2008年>
  4. 男性社員のクールビズへの意識と実態を調査「快適な通勤環境」が最大のメリット!96%が実感!!

NEWS RELEASE

もくじ

08/07/04


男性社員のクールビズへの意識と実態を調査


 
「快適な通勤環境」が最大のメリット!96%が実感!!

 
 

「クールビズ」は環境意識の高まりから話題になることが多く、企業の取組みとして定着しつつあります。ミツカングループ(愛知県半田市)は、その取組みを1997年より始めており、今年で12年目を迎えます。そこで今年は、本社スタッフ社員(男性)52名を対象にしたアンケートを実施し、取組みに対する賛否や、私生活に及ぼす影響などを調査しました。
 
 
●調査概要
調査名:             クールビズに関するアンケート
調査方法:         訪問によるアンケート調査
調査期間:         6月18日(水)〜6月26日(木) 
調査対象:         クールビズ実施の対象となる本社スタッフ社員(男性)   
有効回収数:      52票(100%)
 
 
●調査結果まとめ
1.96%(50名)がクールビズに賛成!理由は、「快適な通勤」
 クールビズに賛成との回答が96%(50名)と大多数を占めました。その理由は、「快適な通勤ができる」が、92%(46名)で断然のトップです。また、「仕事の効率がアップする」も52%(26名)で3位につけており、快適な通勤が、始業からの快適な業務実施を後押しし、業務の効率化にも繋がっているようです。
 また、「企業として環境に配慮する制度を導入するのは良い」も、78%(39名)が理由としてあげており、長年の取組みが社員の環境意識向上にも繋がっているようです。
 
2.全員が「女性の視線は気にしない!」ただし、買い物は奥様と7割
 クールビズ導入が生活に与えた変化を聞いたところ、「特に変化はない」が48%(25名)でトップです。「女性の目を気にするようになった」という回答はゼロで、会社では女性の視線を気にしないという意外な結果となりました。一方で、クールビズ用の衣服を買いに行く相手は、妻・恋人が69%(36名)でトップであり、特別な相手からの、ファッションチェックは受けているようです。
 
3.意外と多い「アウトレット」での衣服購入
 クールビズ用の衣服は、デパート・百貨店(58%・30名)、衣料量販店(54%・28名)で購入することが多いようですが、アウトレットで購入する(29%・15名)も意外と多く、ブランド物を安価で買いたいという、オシャレ志向と家庭の台所事情を反映した結果と言えます。





●08年度クールビズ実施期間
2008年6月1日〜9月30日 (実際の営業日では、6月2日よりスタート)
※環境省のクールビズ提唱に伴い、07年度より実施期間を3ヶ月(7〜9月)から4ヶ月(6〜9月)に拡大。