ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2008年>
  4. 中国市場への取組強化 〜より市場に密着した事業体制に再編成〜

NEWS RELEASE

もくじ

08/04/17




 
中国市場への取組強化
 
〜より市場に密着した事業体制に再編成〜

 
 

  ミツカングループ(本社:愛知県半田市)は、4月17日に中国の食品会社・北京王致和食品有限公司(以下、「王致和」)との合弁会社である北京龍門和田寛食品有限公司(以下、「龍門和田寛」)の社名を変更し、販売・製品開発等のマーケティング機能を味滋康(中国)商業貿易有限公司(以下「ミツカン中国」)に移管することを発表いたしました。
 
●今回の変更目的
  龍門和田寛が製造に特化し、ミツカン中国に販売・製品開発・マーケティングを集中することで、双方ともに事業効率の高い体制に再構成し、中国食品市場へのさらなる取組強化をはかります。
 
●今回の変更点
・ 龍門和田寛の社名を北京王致和味滋康食品有限公司(以下、「北京王致和味滋康」)に変更いたします。
・ 北京王致和味滋康は、事業内容を生産に特化いたします。
・ ミツカン中国が新会社の販売、製品開発等のマーケティング機能を担当いたします。
 
●ミツカングループのアジア進出
  ミツカングループは、1994年、タイに現地法人「ナカノタイランド」(現ミツカンタイランド)を設立して以来、2004年にミツカンアジアパシフィックをシンガポールに設立、2005年には中国現地法人の持ち株会社を買収、北京において100%子会社であるミツカン中国を設立するなど、着実にアジアでのビジネス展開の足固めをしてまいりました。
 
●今後の展開
  今回の新体制により、中国市場でのさらなる事業拡大を図ってまいります。