ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2007年>
  4. 【酢的生活マガジン vol.21】 ヘルシー、カラフル、デリシャス!家庭で作る世界のお寿司

NEWS RELEASE

もくじ

07/06/06

 

【酢的生活マガジン vol.21】
ヘルシー、カラフル、デリシャス!
家庭で作る世界のお寿司


〔トピックス〕
■“いいとこ取り”逆輸入寿司で食卓を華やかに
 

ミツカンが行った「寿司イメージ調査」などを参考に、管理栄養士の牧野直子先生に、海外の寿司をイメージした、家庭で作れる、楽しくておいしいオリジナル寿司を教えていただきました。
海外で人気のネタを、日本国内で手に入りやすい食材に置き換えたり、各国の定番料理から自由に発想した、ヘルシーでカラフルな寿司になりました。
ご家庭で海外の寿司の“いいとこ取り”をして、自由な発想でオリジナルの寿司づくりに挑戦。食卓を華やかに、楽しくしましょう。

■ヘルシーで軽食利用も多い海外の寿司
 

「寿司イメージ調査」は、米・仏・露・中・日の5カ国を対象に行ったもので(調査対象:寿司を食べたことのある20〜50歳代の男女、サンプル数:各100、合計500)、寿司に対する“ヘルシーイメージ”は海外の方が日本国内よりも高いことや、海外では本格的な寿司に加えて、間食やおやつとしても手軽に食べられている傾向が分かりました(『酢的生活マガジン』Vol.18参照)。


フランスをイメージした
「生ハムのミルフィーユ風寿司」
中華料理の点心から発想した
「チャイニーズ風手まり寿司」


牧野直子先生オリジナル 家庭で作る世界の寿司(5カ国、10レシピ)

「寿司イメージ調査」などから、海外では寿司をオードブルやサラダ感覚で楽しんでいる様子が分かります。また、ネタは下ごしらえの必要がないもの。切って、あらかじめ味をつけてごはんと一緒に食べるものが好まれていますね。
今回は「ヘルシー」を意識して、野菜を多く使った寿司や五穀米、雑穀の酢飯を使う寿司なども提案しました。お子様たちが集まるお誕生会や、気取らないホームパーティなどで喜ばれるメニューになったと思います。ご家庭でも、自由な発想でアレンジして楽しんで下さい。

牧野直子

使用するお酢別全7メニュー 一覧
  ■米国
 

①スパイシーまぐろの
  ロール寿司

②スタミナ手巻き

  ■イギリス
 

③ヘルシー三角巻き寿司

④カラフル手綱寿司

  ■フランス
 

⑤生ハムのミルフィーユ風寿司

⑥ヘルシーサラダカップ寿司

  ■ロシア
 

⑦アボカド&うなぎロール寿司

⑧しめさばのひとくち寿司

  ■中国
 

⑨春巻き風肉そぼろ入り包み寿司

⑩チャイニーズ風手まり寿司


Page top
レシピ

米国 アメリカの寿司の定番「カリフォルニアロール」に想を得た裏巻き寿司と牛肉をネタにしたパワフルな手巻き寿司。
① スパイシーまぐろのロール寿司
<ポイント>
・ 海外で人気という「スパイシーチリソース」でなく、日本人好みの「スイートチリソース」でまぐろを味付けします。
・ 裏巻きの仕上げに、ごまをまぶします
エネルギー: 684kcal 食塩相当量: 1.6g (1本あたり)
材料(1本分)
ごはん 200g
すし酢 大さじ1強
のり 1枚(2/3枚を使う)
アボカド 1/4個(1cm幅の棒状に 切る)
まぐろのたたき 40g
スイートチリソース 小さじ1
きゅうり 1/4本分(千切り)
にんじん 少々 (〃)
ごま 大さじ2弱
作り方
【1】 ごはんにすし酢を混ぜ合わせる。
【2】 巻きすの上にラップを置き、その上にのりを置いて、【1】を全面に広げる。
【3】 ラップの上で、【2】をごはんが下、のりが上になるようにひっくり返す。
【4】 【3】ののりの上にアボカド、スイートチリソースで味付けしたまぐろのたたき、きゅうり、にんじんを、半分より手前に並べる。ラップの両端を持ち上げて、手前のすし飯と向こう側のすし飯とを合わせ、巻きすで巻く。
【5】 バットなどにごまをまき、ラップをはがした【4】を転がして表面にごまをまぶす。
【6】 食べやすい幅に切る。

②スタミナ手巻き
<ポイント>
・ アスパラの代わりにセロリの千切りなども歯ごたえがあってオススメです。
・ 焼き肉をサンチュで包んで食べるイメージでいただきます。

エネルギー:123kcal 食塩相当量:0.4g(1本あたり)

材料(2人分、10本分)
ごはん  360g
すし酢  大さじ2強
のり  5枚(各々半分に切る)
牛薄切り肉  200g
焼肉のタレ  大さじ1強
ごま  少々
サラダ油  少々
サニーレタス 5枚(各々半分にちぎる)
アスパラ  2本(下茹でして食べや すい長さに切り、さらに 縦に切る)
にんじん  4cm(千切り)
作り方
【1】 ごはんにすし酢を混ぜ合わせる。
【2】 フライパンにサラダ油を熱し、牛肉を炒め、全体に火が通ったら、焼肉のタレを加えて汁気を飛ばすように煮絡める。仕上げにごまをふる。
【3】 のりの上にごはん1/10を乗せ、サニーレタス、アスパラ、にんじん、【2】を乗せて包む。

イギリス 「アフターヌーンティー」のサンドイッチをイメージした三角巻き寿司と、「乗馬」から連想し、イギリス原産のチェダーチーズを使った、黄・赤・緑のカラフルな手綱(たづな)寿司。
③ヘルシー三角巻き寿司
<ポイント>
・ 雑穀ごはんでよりヘルシーになったベジタリアン寿司です。
・ 形状はサンドイッチをイメージして、三角形に仕上げます。
エネルギー: 374kcal 食塩相当量: 1.6g (1本あたり)
材料(1本分)
雑穀ごはん 200g
すし酢  大さじ1強
のり  1枚(2/3枚)
赤ピーマン  10g(千切り)
セロリ 10g (〃)
にんじん 10g (〃)
がり 10g (〃)
作り方
【1】 雑穀ごはんにすし酢を加えて混ぜ合わせる。
【2】 巻きすの上にラップを置き、のりを置いて、向こう側約3cmを残して【1】を広げる。
【3】 【2】のごはんの中央に赤ピーマン、セロリ、にんじん、がりを置き、ラップの両端を持ち上げて、手前のすし飯と向こう側のすし飯とを合わせ、巻きすで三角型に成型する。
【4】 食べやすい幅に切る。

④カラフル手綱寿司
<ポイント>
・ 千切りにした黄・赤・緑のカラフルな食材を斜めにして並べることで、あでやかな手綱のイメージになります。
エネルギー: 372kcal 食塩相当量: 2.1g (1本あたり)
材料(1本分)
ごはん  150g
すし酢  大さじ1
チェダーチーズ  1枚(6〜7cmの長さに 細く切る)
きゅうりのピクルス 小2本(縦に薄切り)
かにかま 2本分(表面の赤い部 分を細くはがす) 
しそ  2枚(縦に千切り)
作り方
【1】 ごはんにすし酢を加えて混ぜ合わせる。
【2】 巻きすの上にラップを敷き、チェダーチーズ、きゅうりのピクルス、かにかま、しそを斜めにして、数回繰り返して並べる。
【3】 【2】の上に、棒状にした【1】を置く。
【4】 【3】をラップと巻きすでかまぼこ型に成型する。
【5】 ラップをはがし、食べやすい大きさに切り分ける。

フランス フランス発祥といわれる「ミルフィーユ」をイメージした箱寿司と、サラダ菜をスープのカップに見立てたおしゃれなカップ寿司。
⑤生ハムのミルフィーユ風寿司
<ポイント>
・ 2層にして、ミルフィーユをイメージして作ります。
・ 生ハムの塩気と大根、きゅうりの食感の組み合わせがおいしさを演出します。
エネルギー: 375kcal 食塩相当量: 2.1g (1人分)
材料(2人分)
(10cm×10cm×4cmの容器1個分)
ごはん 360g
<合わせ酢>  
りんご酢 大さじ1強
砂糖 小さじ1
小さじ1/3
※すし酢の場合は大さじ2強
パセリ 少々(みじん切り)
生ハム  2枚
きゅうり 1/4本分(薄切り)
大根(うす切り) 2cm
(薄い半月切り、塩を振ってしんなりさせて おく)
少々
クリームチーズ  少々(サイコロ状に切る)
   
作り方
【1】 〈合わせ酢〉の材料を合わせ(またはすし酢を)、ごはんに加えて混ぜ合わせる。パセリも加えて混ぜる。
【2】 長方形のプラスチック製容器にラップを敷き、【1】の半量を長方形になるように置く。
【3】 【2】の上にきゅうりを並べ、その上に生ハムを置く。
【4】 【3】の上に【1】の残り(半量)を置き、水気を切った大根を置く。その上に生ハムを置く。
【5】 【4】をラップごと容器から取り出し、ラップをはがしてケーキを切り分けるイメージで縦・横に切る。サイコロ状に切ったクリームチーズを上に乗せる。

&#9317;ヘルシーサラダカップ寿司

<ポイント>
・ 豆腐をソテーして水気を飛ばし、ごはんになじみやすい食感にします。
・ ごはんとネタをサラダ菜で包むようにしていただきます。
・ 和風ドレッシングでもおいしくいただけます。

エネルギー: 265kcal 食塩相当量:1.1g (1人分)
材料(2人分)
発芽玄米ごはん  200g
すし酢  大さじ1強
木綿豆腐  30g(水切りしておく)
サラダ油  少々
サーモン  20g(角切り)
アボカド 1/4個(角切り)
フレンチドレッシング 大さじ1/2
サラダ菜  4枚
作り方
【1】 発芽玄米ごはんにすし酢を混ぜ合わせる。
【2】 フライパンでサラダ油を熱し、水切りした木綿豆腐の両面をソテーして、冷めたら角切りにする。
【3】 ボールに【2】とサーモン、アボカドを入れ、フレンチドレッシングであえる。
【4】 サラダ菜に【1】と【3】を各々1/4量ずつを置く。残りも同様に作る。

ロシア ロシアでよく食べられている「うなぎ」を使った裏巻寿司と、ニシンなどの酢漬けの青魚をイメージして、日本で手に入りやすい「しめサバ」で代用した棒寿司。
⑦アボカド&うなぎロール寿司
<ポイント>
・ 具を裏巻きし、仕上げに薄焼き卵で包みます。
・ マヨネーズでアクセントを付けます。
エネルギー: 681kcal 食塩相当量: 2.5g (1本あたり)
材料(1本分)
ごはん  200g
すし酢 大さじ1強
のり 1枚(2/3枚を使う)
アボカド  1/4個
(1cm幅の棒状に切る)
うなぎの蒲焼 1/4串
(1cm幅の棒状に切る)
きゅうり 1/4本(千切り)
しそ 4枚
マヨネーズ  適量
<薄焼き卵>  
大1個
塩・酒 各少々
水溶き片栗粉 小さじ2
サラダ油  少々
作り方
【1】 ごはんにすし酢を混ぜ合わせる。
【2】 薄焼き卵を作る。ボールに卵を割り入れ、塩、酒、水溶き片栗粉を加えて全体を混ぜ、サラダ油を熱したフライパンで半量ずつ流し入れて薄焼き卵を作る。
【3】 巻きすの上にラップを置いて、その上にのりを置き、【1】を全面に広げる。
【4】 ラップの上で、【3】をごはんが下、のりが上になるようにひっくり返す。
【5】 【4】ののりの半分より手前に、アボカド、うなぎの蒲焼、きゅうり、しそを並べ、マヨネーズをかける。ラップの両端を持ち上げて、手前のすし飯と向こう側のすし飯とを合わせ、巻きすで巻く。
【6】 【5】に薄焼き卵をかぶせ、さらに巻き、食べやすい幅に切る。

⑧しめさばのひとくち寿司
<ポイント>
・ しめさばを切るだけですぐにできる、サバの棒寿司です。
エネルギー: 625kcal 食塩相当量: 2.3g (1本あたり)
材料(1本分)
ごはん  200g
すし酢  大さじ1強
ごま  大さじ1
しめさば 60g(削ぎ切り)
貝割れ菜(飾り)  少々
レモン(飾り)  少々
作り方
【1】 ごはんにすし酢を加えて混ぜ合わせる。ごまを加え、さらに混ぜる。
【2】 【1】をラップの上で棒状にまとめ、その上にしめさばを乗せる。ラップごと巻きすの上に置き、巻きすで形を整える。
【3】 【2】のラップをはがして食べやすい幅に切り、各々の上に貝割れ菜とレモンを飾る。

中国 春巻きと小籠包(しょうろんぽう)の形状をイメージし、中国で人気の「肉松」(※)をヒントにして豚肉のそぼろを使ったりした、意外性のあるお寿司です。
⑨春巻き風肉そぼろ入り包み寿司
<ポイント>
・ ごはんにいんげん、黄パプリカ、肉そぼろを混ぜ込み、薄焼き卵の上に広げて春巻き状に包みます。
・ そぼろを薄味で仕上げると、やさしい味わいで、おやつ感覚で楽しめます
エネルギー: 142kcal 食塩相当量: 0.8g (1本あたり)
※「肉松」… 肉デンブ。豚の赤身または魚、鶏肉の水分を除去して精製される粉末状の中国の伝統食。粥や饅頭と一緒に食す。
材料(2人分、6本)
ごはん 200g
すし酢 大さじ1強
<豚そぼろ>  
豚ひき肉 100g
みそ 小さじ1
砂糖 小さじ1
しょうゆ 小さじ2
小さじ1
サラダ油  少々
いんげん 5本(下ゆでして縦に割 り、小さく半月切り)
黄パプリカ  1/4個(さいの目切りに して下ゆでする)
<薄焼き卵>  
2個
塩・酒 各少々
水溶き片栗粉 小さじ2
サラダ油  少々
作り方
【1】 ごはんにすし酢を加えて混ぜ合わせる。
【2】 豚そぼろを作る。調味料(みそ、砂糖、しょうゆ、 酒)を混ぜ合わせておく。フライパンにサラダ油を熱し、豚ひき肉をぽろぽろになるまで炒め、仕上げに調味料を加えて汁気が無くなるまで炒める。
【3】 薄焼き卵を作る。ボールに卵を割り入れ、塩、酒、水溶き片栗粉を加えて混ぜ合わせる。サラダ油を熱したフライパンで薄焼き卵を6枚作る。
【4】 ボールに【1】といんげん、パプリカ、【2】を加えてよく混ぜる。
【5】 【3】に【4】を1/6量置き、春巻きのように包む。

⑩チャイニーズ風手まり寿司
<ポイント>
・ まぐろ、きゅうり、コーンをコチュジャンとごま油で味付けし、仕上げに手まり状の寿司に乗せます。
・ まぐろの赤、きゅうりの緑、コーンの黄でにぎやかな食卓が演出できます。
エネルギー: 119kcal 食塩相当量: 0.5g (1個あたり)
材料(2人分、6個)
ごはん 300g(1個約50g)
すし酢 大さじ2弱
のり 9cm角を6枚
まぐろ 50g(小さめの角切り)
きゅうり 1/3本
(小さめの角切り)
コーン  35g
コチュジャン  小さじ2弱
ごま油 小さじ1
作り方
【1】 ごはんにすし酢を加えて混ぜ合わせる。
【2】 まぐろときゅうりとコーンを合わせ、コチュジャンとごま油を加えて味つけする。
【3】 ラップの上にのりを置き、【1】1/6を丸めて中央に置いて、ラップを寄せて上を絞り、丸く形を作る。
【4】 【3】を、絞った側を下にして置く。上に十文字の切り込みを入れ、中央に【2】を乗せる。残りも同様に作る 。


=牧野 直子(まきの なおこ)先生プロフィール=

管理栄養士/ダイエットコーディネーター/料理研究家/ (有)スタジオ食(くう)代表
女子栄養大学卒。在学中より栄養指導・教育の啓蒙活動に携わる。 「より健康になるための食生活や栄養の情報提供」「家族みんなが楽しめる、身体に優しい、簡単で美味しいレシピの提案」を雑誌、書籍、新聞、テレビ、ラジオ、ビデオ、ウェブサイトなどのマスメディアや料理教室、健康セミナーなどで展開。
指導対象はベビー、マタニティ、ティーン、ビジネスマン、ミス&ミセス、中高年など年代、男女を問わず幅広い。
このほか、食品メーカーの商品・メニュー開発などを手がけている。 無理をせず、確実に痩せるダイエット指導にも定評がある。
自らの経験や豊富な食や栄養の知識・情報から生まれたレシピは「家族みんなが楽しめる、簡単、美味しい、ヘルシーなレシピ」として雑誌や書籍、料理教室などで食卓をあずかる女性を中心に好評を得ている。

【料理教室】 「いーとぴあ」(主催:マルエツ)、「三越カルチャーサロン」(日本橋三越本店) 
【近著】 「NHK生活ほっとモーニング 内臓脂肪ダイエット あなたは大丈夫? 内臓脂肪を減らして、危険なメタボリックシンドロームを防ぐ! 」(共著、日本放送出版協会)、「中性脂肪を減らす食事―おいしい食事で健康に暮らす』(共著、成美堂出版)、「3つの野菜・果物でできる健康ジュース400」(日本文芸社)