ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2007年>
  4. ビールじゃなくて、お酢で乾杯!?酒場でノンアルコール飲料が絶好調!!

NEWS RELEASE

もくじ

2007年4月4日


ビールじゃなくて、お酢で乾杯!?
〜飲酒運転撲滅の気運に乗って〜


 
酒場でノンアルコール飲料が絶好調!!
 
 

昨秋から、飲酒運転が大きな社会問題となる中で、居酒屋やバー等で「ノン」アルコール飲料の人気が高まっています。外食等にお酢を使ったドリンクメニューを積極的に提案する、株式会社ミツカンナカノス(本社:愛知県半田市)でも、主力品のお酢飲料「ビネグイット」の売上が、昨秋以降、特に好調に推移し、2006年11月〜2007年2月は前年の約5倍の売上(金額)を記録しました。居酒屋・バー等では売上好調を背景に、メニューのバラエティ化も進んでおり、春の全国交通安全運動(4/6〜15)、未成年者飲酒防止強調月間(4/1〜30)で消費者の意識が高まる4月、この勢いはまだまだ続くと予想されます。

●「酒場にいるのにノンアルコール派?」が増加中!
1.ミツカンナカノスの業務用お酢飲料「ビネグイット※1」売上絶好調!
2006年11月〜2007年12月の売上は、前年の約5倍と、非常に好調に推移しています。特に、忘年会などの
飲酒機会が多い12月は前年の約7倍の売上を記録しました。好調の要因としては、「飲酒運転が社会問題化する中で、ノンアルコールドリンクの需要が増したことと、お酢の健康的なイメージが消費者に受け入れられたためではないか。」と捉えています。
※1 2005年7月より発売の業務用お酢ドリンク。はちみつ黒酢・まろやかりんご酢・パイン酢・トマト酢マンゴーなど計6種類の
フレーバーを品揃えし、それぞれ濃縮タイプとストレートタイプがある。ドリンクやデザートなど、様々なメニューで使用されている。

1 ビネグイット トマト酢マンゴードリンク(濃縮)

2 1を使用したトマトマンゴーラッシー

2.現場の生の声〜広がるアンチアルコール派需要〜
オシャレなバーのトレンドはノンアルコールカクテル!構成比13%UP!
1)PRONTO CAFFE&BAR1988   ※ホームページ http://www.pronto.co.jp/
業態 / 展開エリア : カフェ(昼)&バー(夜) / 全国
現場の声:ノンアルコールカクテルが非常に好調です。黒酢や季節のフルーツを使ったものが人気で、昨秋以降のノンアルコールカクテルの構成比は、前年同月比で13%増加しています。06年12月以降は、グランドメニューに「ノンアルコールカテゴリ」として4品を新規導入し、ソフトドリンクの種類も増やしています。

大人が子供専用のソフトドリンクをグビグビ!
2)村さ来                  ※ホームページ http://www.murasaki-net.co.jp/
業態 / 展開エリア : 居酒屋 / 全国
現場の声:ノンアルコール飲料の売上は、おおむね好調です。昨秋以降、メニュー数を3品(ソフトドリンク含む)
増やしましたが、お客様からは「車を運転する仲間もいるので、ノンアルコール飲料が充実するのは嬉しい」とい
う声をいただいています。人気があるのは、お酢ドリンク等の健康系で、4月からは「パイン酢カッシュ」というメニ
ューを新規導入します。また意外だったのは、子供専用のソフトドリンクをメニューに導入したところ、不思議なこ
とに大人からの注文が多いということです。これも飲酒運転防止が影響しているのかもしれません。

アンチアルコール派は「健康系飲料」がお好き!
3)ロッソえびすや              ※ホームページ http://www.yebisuya.co.jp/top.html
業態 / 展開エリア : イタリアンレストラン / 愛知・岐阜
現場の声:近頃、アルコール飲料よりもノンアルコール飲料を選ぶお客様が明らかに増えています。
好みは、本物のフレッシュジュースやお酢ドリンクといった健康感の高いものが人気です。最近では、そういった健康ドリンクにはまっているお客様も増えており、「色々な(ノンアルコール)ドリンクを試したい!」というお客様の声も多数お聞きしております。

「ノンアルコールドリンクの充実」がお店選びのポイントに!
5)ヴァリック                 ※ホームページ http://www.valic.co.jp/cotedazur/index.html#cafe
業態 / 展開エリア : カラオケ(コートダジュール)、複合カフェ、スパ等 / 東北・関東・中部・近畿等
現場の声:飲酒運転が社会問題化した昨秋以降、ノンアルコール飲料の売上が非常に好調で、前年比120%
で伸びています。当店の客層はファミリーも多く、お父様がお酒を飲み、お母様が運転して帰るパターンも多いの
で、女性を中心としたお客様から「ソフトドリンクの種類が多い店を、お店選びのポイントにしている」という声も多
く寄せられるようになっています。弊社では、昨秋以降ノンアルコール飲料のメニュー数を4品から13品に増やし
ており、今後も、季節を問わずメニューの充実を強化する予定です。売れ筋は、健康系のものが人気です。

●4月の「飲酒」に関する主なトピックス
1.春の全国交通安全運動 : 2007年4月6日〜15日
2.未成年者飲酒防止強調月間 : 2007年4月1日〜30日