ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2007年>
  4. ミツカングループ「2007年度農芸化学技術賞」を受賞!

NEWS RELEASE

もくじ

2007年3月30日


「食酢の健康機能とおいしさの解明に基づく新飲用黒酢の開発」で

 
「2007年度農芸化学技術賞」を受賞
 
 

ミツカングループは、「食酢の健康機能とおいしさの解明に基づく新飲用黒酢の開発」に対し、2007年3月24日に、(社)日本農芸化学会より、「2007年度農芸化学技術賞」を授与されました。

今回の受賞は、
(1)従来通説とされていた食酢の健康機能を科学的に解明し、その情報を消費者に提供することで、食酢の機能性の認知度を著しく高めたこと。
(2)最新の発酵技術を活用して、飲用酢のクセを軽減し、飲みやすさを飛躍的に向上させた「純玄米黒酢」を開発。発売2年目にして単品で約24億円の売り上げを達成し、現在、黒酢カテゴリーにおいてトップシェアを得ていること。
が評価されたものです。

「農芸化学技術賞」は、(社)日本農芸化学会から授与される賞の1つで、「農芸化学の分野において、注目すべき実用的価値のある、技術的業績をあげた会員(個人)に対して授与」されるものです。
1968年から現在まで、食品、医薬品、科学工業などの幅広い業種から選ばれており、当社は1978年※以来、通算2回目の受賞となりました。
 食酢のトップメーカーとして、食酢をはじめ発酵食品の機能性の科学的な解明は大きな使命であると考え、今後とも、健康機能に優れ、また安全でおいしい食品づくりを推進していく所存です。

※1978年の「農芸化学技術賞」は、「醸造酢の新生産技術と利用法の開発」(中埜酢店)にて受賞いたしました。