ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2006年>
  4. 【酢的生活マガジン vol.16】節分(2月3日)に家族で作ろう“七福手巻き”!

NEWS RELEASE

もくじ

06/12/26


健康を願って「恵方巻き」を、丸かぶり!
今年の恵方は北北西

節分(2月3日)に家族で作ろう“七福手巻き”!



〔トピックス〕
■ 今年の恵方は北北西。節分は「恵方巻き」で家族の健康を願う
 

旧暦で冬から春になる季節の分かれ目「節分(2月3日)」には、豆まきの他にも「恵方巻き(えほうまき)」といわれる巻き寿司を食べる風習があります。一年の健康を願って行われる「恵方巻き」の由来や“正しい作法”をご紹介します。

「2007年 新・恵方巻き」のおすすめは“七福手巻き”
  ミツカンが提案する2007年の「恵方巻き」は、七福神にちなんだ具材を巻き込んだ縁起の良い“七福手巻き”。受験生にはとんかつを使った「勝利の毘沙門天の必勝巻き」、お父さんには出世魚であるぶりを使った「人徳の神福禄寿の出世巻き」など。家庭で手軽に「恵方巻き」を楽しめるすし飯のレシピも合わせてご紹介します。

※参考資料:「恵方巻き」アンケート調査2006
「恵方巻き」を知っている人の割合は2004年の77%から2006年には92.5%にアップ。また、実際に食べたことがある人は発祥の地といわれる大阪を含む近畿地方が約76%と高くなっています。
※「酢的生活」は、(株)ミツカングループ本社の商標です。

2月3日は家族揃って「恵方巻き」
〜今年の恵方は北北西〜


 2月3日の節分は旧暦では冬から春へ年の替わる節目の日。「鬼は外、福は内」のかけ声とともに豆をまく『豆まき』は以前から全国的な行事として有名でしたが、最近はその年の「恵方」(えほう)を向いて巻き寿司(恵方巻き)を食べながら健康や福を願う関西地方の風習が全国に広がっています。
ちなみに「恵方」とはその年の歳徳神(としとくじん)がいる方向をさし、陰陽道(おんみょうどう)によって決められるその年の縁起のいい方向のこと。
2007年(平成19年)の方角は「北北西」です。

「恵方巻き」〜由来と作法〜

「恵方巻き」は、節分の夜にその年の恵方を向いて、 家族そろって無言のまま巻き寿司を丸かぶりし、一年の健康や幸せ、商売繁盛を願う」という関西の伝統的な食習慣のひとつです。
冬から春へ季節が変わる節分は、旧暦では大晦日と同じように新しい一年が始まる意味のある大切な日。その日に、正月のおせち料理と同じようにご馳走を食べて健康や福を祈りました。昔は のりや卵や白米は貴重品でしたから、庶民にとって巻き寿司はご馳走だったのです。
「恵方巻き」には、「福を逃さないよう食べ終わるまで無言のまま」、「縁を切らないために包丁で切らずにそのまま食べる」など、食べ方にいろいろ作法があります。そのため、「恵方巻き」は「丸かぶり寿司」とも言われます。

■「恵方巻き」 3つの作法■
  その1.
1人1本、包丁で切らずにそのまま食べるべし。
包丁で切ることは、縁を切ること。
  その2.
恵方を向いて食べるべし。
2007年の恵方は北北西。
  その3. 願いごとをしながら、黙って食べるべし。
話しをすると運が逃げてしまう。
食べ終わるまで一言もしゃべらずに!

〜今年はいつもと違った「恵方巻き」〜
“七福手巻き”で丸かぶり

ミツカンは2007年の「新しい恵方巻き」として、縁起の良い“七福手巻き”を店頭やリーフレットなどを通じて皆様にご提案していきます。
■“七福手巻き”とは
“七福手巻き”とは、七福神にちなんだ具材を巻き込んだ縁起の良い手巻き寿司。受験生には勝利の神 毘沙門天の「必勝巻き」、お父さんには人徳の神 福禄寿の「出世巻き」など。様々な家族の願いを七福巻きに込めて、2007年の節分には家族で手巻き寿司をおすすめします。
得を得て、昇格を目指そう!
〜人徳の神福禄寿の出世巻き〜
<材料>
すし飯
ぶり(出世魚)
万能ねぎ
米酢
もしくは
すし酢
大黒さま「黒酢」に見立てて!
〜豊作の神大黒様の黒酢巻き〜
<材料>
黒酢
すし飯
ゆでだこ(足)
青じそ
梅干(たたき)
黒酢
試合や試験の前におススメ!
〜勝利の神毘沙門天の必勝巻き〜
<材料>
すし飯
とんかつ
レタス
米酢
もしくは
すし酢
栄養豊富な「うなぎ」をまいて!
〜長老の神寿老人のご長寿巻き〜
<材料>
すし飯
鰻のかばやき
きゅうり
米酢
もしくは
すし酢
恵比寿さまの象徴「鯛」を巻いて!
〜商売の神恵比寿さまのめでたい巻き〜
<材料>
すし飯
鯛(刺身用)
錦糸卵
貝割れ大根
米酢
もしくは
すし酢
縁起のよい紅白の食材を使って!
〜開運の神布袋さまの紅白巻き〜
<材料>
黒酢
すし飯
まぐろ
いか
黒酢
ねばねば食材で忍耐力アップ!
〜学問の神弁財天のねばり巻き〜
<材料>
すし飯
納豆
おくら
米酢
もしくは
すし酢
 
Page top
“七福手巻き”の作り方


“七福手巻き”
材料(4人分)
●すし飯
ごはん 3合
<合わせ酢>
ミツカン米酢 大さじ4
砂糖 大さじ5
小さじ2
※合わせ酢は「ミツカンすし酢」または「ミツカンすし酢昆布だし入り」でも代用可能。使用量は90ml(大さじ6)。
●黒酢すし飯
ごはん 250g
<合わせ酢>
ミツカン 純玄米黒酢 大さじ1
砂糖 小さじ2
少々
 
お好みの具材  適宜
焼き海苔 適宜

作り方

【1】炊きたてのごはんに<合わせ酢>をまわしかけ、すし飯を作る。<黒酢すし飯>も同様に作る。

【2】具材はそれぞれ巻きやすい大きさに切っておく。
【3】皿に具材を彩りよく盛り、それぞれお好みの具で手巻きを作っていただく。
※お好みでしょうゆとわさびを適宜用意する。
     “七福手巻き”

■すし酢 ■すし酢 昆布だし入り
すし用の合わせ酢です。このままご飯に混ぜるだけで、簡単においしいすし飯が出来ます。すっきりとした酸味と程よい旨みで、手巻きずしちらしずしに、そのまま酢の物、甘酢漬けに、また、サラダのノンオイルドレッシングとしてもお使いいただけます。
360ml/229円(税込)
米酢に昆布だしを加えて仕上げたすし用合わせ酢です。ご飯にこのままかけて混ぜるだけでおいしいすし飯が出来ます。昆布の旨みとコクが、ちらしずしや手巻きずしを本格的に仕上げます。
360ml/292円(税込)
■米酢 ■純米酢金封®
米の甘味と旨みが生きているまろやかな味わいのお酢です。お寿司を作る時におすすめのお酢です。もちろん、酢の物、合わせ酢、ドレッシング、マリネなど、幅広くお使いいただけます。
500ml/288円(税込)
お米だけを原料にしたお米のコクとうまみが生きる深い風味の米酢です。酢の物、しめさば、お寿司などの和食に、よく合います。お祝いや行事の時の特別なお料理にもお使いください。
500ml/378円(税込)
■純玄米黒酢 ■三ツ判®山吹®
国産玄米だけを豊富に使用した、毎日続けられる飲みやすい黒酢です。旨み成分を豊富に含んでおり、酸味がまろやかなのが特徴です。また低温で貯蔵することにより、くせの原因となっている成分を抑えています。もちろん、料理にもお使いいただけます。
500ml/892円(税込)

熟成した酒粕だけを原料にした、ミツカン創業時のお酢です。飴色の深い色合と芳しい風味、口当たりのなめらかさが特徴です。素材に熟成した旨みを加えて、お料理をより一層、本格的に仕上げます。和食に最適なお酢です。
500ml/735円(税込)

※「金封」・「三ツ判」・「山吹」は、(株)ミツカングループ本社の登録商標です。

参考資料:「恵方巻き」アンケート調査2006

近年、節分の頃よく見かけるようになった「恵方巻き」。 数年前までは関西以外の地域ではほとんど知られていなかった「恵方巻き」が、コンビニやスーパーなど、流通各社の大々的な宣伝もあり、ここ数年で節分に「恵方巻き」を食べる人が増え、急速に全国に広まっています。
【調査概要】
・節分の食事、巻寿司「恵方巻き」についての認知度・摂食度等をWEBアンケート調査。
・対象者は20歳〜59歳までの指定エリア(北海道・東北・関東・首都圏・中部・近畿・中国・四国・州) に在住の男女。
総数2600サンプルを2006年2月4日(土)〜2006年2月8日(水)の期間で調査し たWEBアンケート調査。
■ 「恵方巻き」の認知率
●発祥の地近畿地方が9割超える認知率
  「恵方巻き」については「以前から知っている」(84.4%)人が大多数を占めており、これに「ここ3ヶ月以内に知った」(8.1%)をあわせると全体の認知率は9割を超えています。 エリア別に認知率をみると中国地方や近畿地方が非常に高いのに対し、東北地方や九州地方では他の地域に比べやや低いことがわかります。
●認知率は年々上昇
  「恵方巻き」の認知率は時系列で比較すると年々上昇する傾向にあり、2004年の77.0%から2006年は92.5%まで高くなっています。男女ともに認知率は上昇傾向にあります。
「恵方巻き」時系列認知度(n=2600)
 
■喫食率
●近畿地方では4人に3人が食べた「恵方巻き」
  今年の節分に「恵方巻き」を「食べた(過去にも食べたことがある)」(46.8%)人は半数近くを占め、これに「食べた(今年初めて)」(8.1%)をあわせると全体の喫食率は5割台半ばに達しています。
エリア別にみると近畿で喫食率が75.9%と顕著に高くなっています。
 
■「恵方巻き」を食べた時間と場所
●夕食に自宅で食べる「恵方巻き」
  「恵方巻き」を食べたタイミングは、「夕食」(69.3%)が7割近くを占め、食べた場所は、ほぼ全員が「自宅」(94.8%)と回答しています。
食べたタイミング(n=1318)

食べた場所(n=1318)
 
■「恵方巻き」を食べた家族の人数
●「恵方巻き」は家族揃って
  「恵方巻き」を「家族全員」(76.0%)で食べた人は7割台半ばを占めており、家族構成としては「家族全員(4人家族)」(24.2%)と「家族全員(3人家族)」(20.6%)が多いことがわかります。

■食べた巻物の長さ・太さ
  「恵方巻き」の長さは「丸ごと一本」が58.4%、「恵方巻き」の太さは「太巻き:直径5−6p」が62.7%となりました。 ※太巻き直径5〜6cm、中巻き直径3〜4cm、細巻き直径2〜3cm。
太巻きについて(n=1318)

■2007年の「恵方巻き」の喫食意向
●「恵方巻き」は家族揃って
  約96%の方が2007年も「恵方巻き」を食べると答えています。
来年も「恵方巻き」を食べますか?(n=1318)