ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2005年>
  4. 今年の冬はミツカンが鍋をトータルサポートします 味つけ鍋に魅力たっぷりの新フレーバー登場!「うまみそ鍋つゆストレート赤べえTM」・「ごま豆乳鍋つゆストレート」

NEWS RELEASE

もくじ

05/08/08

今年の冬はミツカンが鍋をトータルでサポートします

味つけ鍋に魅力たっぷりの新フレーバー登場!

・「うまみそ鍋つゆストレート赤べえ TM 」

・「ごま豆乳鍋つゆストレート」
 

ミツカン(愛知県半田市)は 2005 年 8 月 19 日に、レトルトタイプの鍋つゆの新製品として、差別化された新フレーバー 2 品を発売します。唐辛子とみそを絶妙にブレンドし甘辛く仕上げた「うまみそ鍋つゆストレート赤べえ TM 」と、健康感の高い素材をコクたっぷりの味に仕上げた「ごま豆乳鍋つゆストレート」です。また、既存のレトルトタイプ鍋つゆ ( 寄せ鍋・キムチ鍋・ちゃんこ鍋 ) も、ブランド名を‘楽鍋楽座‘に変更し、お鍋のルーツにならった味、ラベルデザインにリニューアルしました。

≪ 新商品 2品の概要 ≫


【うまみそ鍋つゆストレート赤べえTM】

発売日 2005年8月19日(金)
参考小売価格 367円(税込)
容量 720ml
発売地区 全国
 
☆開発の狙い
イマドキの和風居酒屋にあるような味と雰囲気を、
フレーバーとパッケージデザインに取入れました。
 
☆開発の狙い
豆味噌と米味噌を鶏がらスープ (名古屋コーチン)に
溶き、韓国産唐辛子とニンニクを加えて仕上げた、
‘甘み‘‘旨み‘‘ピリッとした辛さ‘のバランスが
何ともクセになる、体が温まる鍋つゆです。
‘赤べえ‘という少し変った名前は、開発担当者が
‘お客様に覚えていただけるように‘
‘お客様に可愛がっていただけるように‘
という想いを込め、使用原料 (赤唐辛子・赤みそ)
にちなんで名付けました。


【ごま豆乳鍋つゆストレート】

発売日 2005年8月19日(金)
参考小売価格 367円(税込)
容量 720ml
発売地区 全国
 
☆開発の狙い
伸長している豆乳フレーバー市場に、‘豆乳 +ごま‘
という差別化商品を投入します。
 
☆開発の狙い
成分無調整の豆乳に、利尻昆布だしを合わせ、
金ねりごま、白すりごま、米みそを加えて仕上げた、
まろやかでコクたっぷりの鍋つゆです。しかも、
‘ごま+豆乳‘というフレーバーで、より健康感の高い
お鍋が楽しめます。
 
   
   
   
   

≪参考資料≫

みそ鍋、豆乳鍋 (その他和風鍋に分類)共に、まだまだ規模は小さいものの、昨年の鍋つゆ市場拡大には大きく貢献しました。また今冬、更に市場を拡大させる可能性も期待できます。
     
  ①鍋つゆ市場推移データ (データ:(株)インテージ SCIデータより推計、鍋つゆ分類は当社定義)
   
  ② 今年の鍋の増減意識調査 (データ:当社調べ、N=240)
       












 

≪ リニューアル商品 3品の概要 ≫

「寄せ鍋つゆストレート」「キムチ鍋つゆストレート」「ちゃんこ鍋つゆストレート」
発売日: 2005年8月19日(金) / 参考小売価格:367円(税込) / 容量:720ml / 発売地区:全国
☆リニューアルの狙い
  お鍋のルーツを探り、その頃のエッセンスを取入れ、ミツカン流にアレンジしました。
☆リニューアルポイント
 ① ブランド名を「お鍋博物館」から、「鍋楽鍋座」に変更しました。語源は「楽しみ鍋:寄せ鍋の江戸時代の呼称」と「鍋座:鍋を給士する人の意の方言」からです。
 ② 鍋の歴史を感じさせるパッケージデザインに変更しました。鍋の起源は、江戸後期からという説が一般的で、デザインはその時代をイメージしたものです。 またパッケージの裏面に、それぞれのルーツを詳しく記載しました。
 ③ 味にも当時のエッセンスを取り入れました。
  寄せ鍋:現在の寄せ鍋のルーツの一説である中国鍋料理「スーチンホーコー」の素材より、‘鶏とホタテのだし‘を取り入れました。
  キムチ鍋:キムチ鍋のルーツである韓国の「キムチチゲ」の昔ながらの製法の一説である、具やスープをたす前に‘唐辛子とニンニクをごま油で炒める‘という前工程を取り入れました。
  ちゃんこ鍋:味のリニューアルはしておりません (既存品が、ちゃんこ鍋のルーツのメイン素材である「鶏のだし」を使用しているため)。