ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2005年>
  4. 6月27日は「ちらし寿司の日」!「記念日」にも、それ以外にも 〜家庭で人気の「ちらし寿司」を、ちょっと豪華に〜

NEWS RELEASE

もくじ

05/06/23

6月27日は「ちらし寿司の日」!

「記念日」にも、それ以外にも

〜家庭で人気の「ちらし寿司」を、ちょっと豪華に〜


「ちらし寿司の日」とは?

 今から約350年前、備前(現 岡山県)藩主池田光政が「一汁一菜令」(おかずは汁もの以外は一つだけ)という倹約令を出しました。それに反発した庶民が、おかずをご飯にまぜたのが、ちらし寿司の起源といわれています。ごはんにまぜてしまえば、おかずとしてカウントされず「一汁一菜」をおいしく楽しめるという庶民の知恵ですね。このちらし寿司の誕生に縁が深い、池田光政の命日にちなんで、6月27日を「ちらし寿司の日」としています。((株)あじかんが制定。日本記念日協会ホームページより)



家庭で不動の人気メニュー

 家で作るお寿司は?という問いに対して、全体の約8割近くが「ちらしずし」と答えています。(2位は手巻き寿司 67%、3位はいなり寿司 52%)また、全体の約半数の家庭では、月に1回以上お寿司を作っています。家でおすしを作るときは、ひな祭り(56.1%)がもっとも多いですが、休日・祝日(42.4%)、平日の夕食(33.8%)と、普段の食事にもお寿司は浸透していることが伺えます。(数字はミツカン調べ)



ひと工夫加えてちょっと豪華に

 家庭で人気のちらし寿司に、ひと工夫加えて楽しくおいしく。「ミツカン海鮮のっけちらし」は、お刺身を用意していただくだけで、見た目も味も豪華な海鮮ちらし寿司が、家庭で手軽に作れます。ちらし寿司の誕生にちなんで、いろいろなものをまぜたり、載せたりと、ちょっと豪華なオリジナルちらし寿司を楽しむのはいかがでしょうか?