ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2005年>
  4. お酢の主成分「酢酸」で初めての特定保健用食品『マインズ<毎飲酢>』2月14日(月)に新発売〜血圧が高めの方に適した食品です〜

NEWS RELEASE

もくじ

05/01/14

お酢の主成分「酢酸」で初めての特定保健用食品

『マインズ<毎飲酢>』2月14日(月)に新発売

〜血圧が高めの方に適した食品です〜


 ミツカングループの株式会社ミツカン(本社:愛知県半田市 社長:徳永美津男)は、2005年2月14日(月)、血圧を気にしている40〜50歳代をメインターゲットにしたリンゴ酢ドリンク『マインズ<毎飲酢>』(内容量:100ml、税込参考小売価格:168円)を新発売します。

 現在の日本の高血圧傾向の人口は約3,100万人(※1)と推定される中(「国民栄養調査」2000年厚生労働省発表よりミツカンが推計)、ミツカンは長年に渡る食酢の研究を通して、食酢の主成分である酢酸の血圧低下作用に着目。酢酸の効能を生かした、安全で飲みやすい食酢飲料の開発を進めてきましたが、このたび商品化に成功したのが『マインズ<毎飲酢>』です。

 『マインズ<毎飲酢>』は、食酢の主成分である「酢酸」を1本あたり750mgと豊富に含む(当社食酢飲料の約4倍)新タイプの食酢飲料で、血圧低下作用が認められたことから2004年11月に特定保健用食品の表示を許可されました。酢酸での特定保健用食品の表示許可は初めてのことです。

 通常、飲料に酢酸を自然な形で豊富に含ませるためには、大量の食酢を加える必要があり、日常の飲料としては酸味が強すぎて飲みにくくなります。『マインズ<毎飲酢>』は、リンゴ酢本来のフルーティーな香りを活かし、独自の技術により酸味を抑えることにより、毎日おいしく無理なく続けられる風味を実現しました。

 『マインズ<毎飲酢>』は、多くの方に購入いただけるように全国のスーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストア、通信販売などで販売していきます。

 当社は、『マインズ<毎飲酢>』の発売により食酢のトップメーカーとしての地位をさらに強固にするとともに、これからもお客さまに「安全と安心」と「健康」という価値をおいしくお届けしていきます。「やがて、いのちにかわるもの。」(※2)という新しいスローガンのもと、明確な科学的根拠に基づく「健康」を軸とする商品構成を高めていきます。

※1   40〜60歳代のうち「正常高値」以上の血圧の方。「正常高値」は、WHO(世界保健機構)およびISH(国際高血圧学会)の定義で、最高血圧が130〜139mmHg以上、最低血圧が85〜89mmHg以上をいう。
※2   ミツカングループは2004年6月より、新コーポレートシンボル・ビジョンスローガンを採用しています。




商品概要


 ■商品概要
◇商品名 マインズ<毎飲酢>リンゴ酢ドリンク
◇発売日 2005年2月14日
◇販売地域 全国(スーパー、コンビニ、ドラッグストア、通信販売 等)
◇価格 168円(税込参考小売価格)
◇内容量 100ml
◇販売形態 1本 / 10本パック / ケース(30本)
 
 ■特定保健用食品認可について(認可内容)
◇認可時期 2004年11月12日(厚生労働省認可)
◇食品の種類 清涼飲料水
◇関与成分 酢酸
◇許可表示 「食酢の主成分である酢酸を含んでおり、血圧が高めの方に適した食品です。」
 
 ■商品特長
①食酢の主成分「酢酸」で初めての特定保健用食品
  『マインズ<毎飲酢>』は、1本(100ml)当たり750mgと豊富に含まれる酢酸の、血圧低下作用が認められ、特定保健用食品の表示を認可されました。
酢酸には血管を拡張する効果があるので、血管抵抗が緩和されて血圧が低下します。
②食酢(リンゴ酢)が原材料の安全・安心な飲料
  世界中で親しまれているリンゴ酢から作られたドリンクなので、毎日安心してお飲みいただけます。
③毎日楽しめるおいしさと低カロリー(1本14kcal)
  リンゴ酢本来のフルーティーな香りを活かし、ミツカン独自の技術により酸味を抑え、酢酸を豊富に含みながら、おいしく飲みやすい飲料に仕上げました。1本当たりのカロリーはわずか14kcal。カロリーを気にする方にも毎日安心してお飲みいただけます。




●「マインズ<毎飲酢>リンゴ酢ドリンク」の血圧低下作用(臨床試験データ)

ミツカンは大阪外国語大学、岡山大学と共同で、酢酸の血圧低下作用に関する研究を行い、食酢約15ml(酢酸の量にして750mg)を含む飲料を6週間毎日摂取することで血圧が高めの方(正常高値+軽症高血圧)の血圧が低下することを明らかにしました。

 ◆血圧が高めの人(正常高値+軽症高血圧)による臨床試験データ(平均値の推移)
 リンゴ酢飲用群=マインズ<毎飲酢>リンゴ酢ドリンクを1日1本100ml飲んだ方々
プラセボ飲用群=比較用の食酢を含まないドリンクを飲んだ方々
<データの出典>平均年齢51歳の成人男女33名による臨床試験の結果
健康・栄養食品研究、6(1)、51−68、2003]著者 梶本修身、大島芳文他

未治療の正常高値血圧者および軽症高血圧者に対する食酢含有飲料の血圧に及ぼす影響の調査を実施いたしました。
収縮期血圧(最高血圧)が平均142mmHg(130〜162mmHg)、拡張期血圧(最低血圧)が平均83mmHg(62〜104mmHg)の正常高値から軽症高血圧者に分類される血圧が高めの方々に、「マインズ<毎飲酢>リンゴ酢ドリンク」を1日1本(100ml)、毎日摂取していただいた結果、摂取開始後に血圧の低下が認められ、摂取6週間後には正常域近くまで低下しました。
健常者を対象に3ヶ月間の長期摂取試験で安全性を確認しておりますが、正常血圧の方の血圧が低下することは確認されておりません。