ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2004年>
  4. いま、名古屋フードが熱い! 〜続々と東京に進出する「名古屋フード」〜

NEWS RELEASE

もくじ

04/08/17


いま、名古屋フードが熱い!

〜続々と東京に進出する『名古屋フード』〜


「みそかつ」「味噌煮込みうどん」「手羽先」「ひつまぶし」・・・・。
他の地域にはない、独特の名物料理が多数ある名古屋。その名古屋の食が今、続々と東京に進出しています。


●「国際空港」「万博開催」・・・今後も名古屋は要注目

02年以降、マスコミが名古屋を取り上げる機会が増えています。
「トヨタ」をはじめ名古屋を基盤とする企業の好調、中部国際空港の開港や愛知万博など、経済面での盛り上がりのほかに、「名古屋嬢」と呼ばれるブランド好きでゴージャスな雰囲気の名古屋の女性が雑誌で特集されるなど、ファッション面でも注目されています。
これからも、05年2月の中部国際空港の開港、同3月の愛知万博「愛地球博」開催などがあり、ますます名古屋への関心は高まりそうです。


●続々と東京に進出する「名古屋フード」

 
食の面でも名古屋に注目が集まっています。
近年「みそかつ」(カツにみそだれをつけて食べる。上からかけるみそだれと漬けるみそだれがある。有名店は浸すタイプが多い) 「みそ煮込みうどん」(土鍋に赤味噌をベースにしたつゆを煮立たせ、独特の太くて固い麺を直接いれて煮込んだうどん)などの『名古屋フード』がさまざまなメディアで取り上げられるようになり、知名度が一気に上昇。
今年に入って、名古屋フードの専門店が続々と東京に進出しています。

04年3月には「みそかつ」専門店が銀座に出店。同3月「手羽先」(手羽先を甘辛く味付けして揚げたメニュー)が人気の居酒屋が新大久保に出店。どちらも本格的な名古屋フードの店として、人気です。

その他、家庭的な和定食中心の定食専門店では「とんかつとねぎのみそ煮込み定食」がメニュー化、カレー店チェーンでも「あんかけスパゲティ」(極太のめんにとろみをつけたソースをかけて食べる)が全国展開するなど、既存外食店にも名古屋フードが浸透。

デパ地下の有名和惣菜店でも串カツにみそだれをかけて食べる「みそかつ」が人気メニューとなっています。
その他にも、「どて煮」(もつ・こんにゃく等を赤味噌で煮込んだ煮物。名古屋では豚ホルモンを使うのが一般的とか)「台湾ラーメン」(唐辛子の輪切り・肉そぼろ・にらが大量に入った辛いラーメン)などの『名古屋フード』が広がってきています。

これら『名古屋フード』が外食中心に広がってきた理由の一つに、業務用の食品メーカーから、手軽に作れる専用調味料が発売されるようになったことがあげられます。ミツカングループの(株)ミツカンナカノス(本社:愛知県半田市、社長:西本優晴)では、みそ煮込み調味液「みそ煮込みつゆ」や「手羽先のたれ」などを発売。本格的な『名古屋フード』が簡単に作れます。

名古屋発の食べ物といえば、「天むす」が有名。この「天むす」は現在ではスーパーやコンビニ等全国どこでも食べられるメニューになっています。
「みそかつ」「みそ煮込みうどん」も、「天むす」同様、どこでも手軽に食べられるようになる日も近い・・・?