ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2003年>
  4. 「金のつぶ(R)『ふっくらなっとTM』」発売2ヶ月間で1,600万食を販売!

NEWS RELEASE

もくじ

03/05/30

大ヒット商品「におわなっとう」のヒットを超える

「金のつぶふっくらなっとTM』」
発売2ヶ月間で1,600万食を販売!

"本格志向・原点回帰志向"が幅広い層で好評


ミツカングループの株式会社ミツカン(本社:愛知県半田市)チルド事業カンパニーが2003年3月1日に新発売した「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」(関東・甲信越・東海・北陸地区限定)が、発売後2ヶ月間(2003年3〜4月)の累計で1,600万食、3億6千万円の売上を達成しました。販売食数の推移を見ると、4月度は前月比167%という数字を記録しております。

「金のつぶ」ブランドの大ヒット商品「金のつぶ『におわなっとう』」の全国販売開始後2ヶ月間の販売食数を関東・甲信越・東海・北陸地区に限定してデータ抽出したところ、1,260万食で、『ふっくらなっとTM』の方が『におわなっとう』よりも340万食多く売り上げていることが分かりました。「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」が「金のつぶ」ブランドの新定番として、『におわなっとう』を超える商品に成長することを予感させる数字です。
当社では、「金のつぶ『におわなっとう』」に代表される「金のつぶ」ブランドへの消費者の信頼感に加え、"豆本来の味をおいしく食べられる、ご飯に合う納豆らしい納豆"を実現した『ふっくらなっとTM』の"本格志向・原点回帰志向"が、幅広い層の消費者の支持を得たのが好調の要因と考えています。
当社では、当商品の売上げ目標であった年間約20億円を大きく上回ると予測しています。

〈参考:2商品の発売日・販売エリア〉
商品 発売日 販売エリア
「ふっくらなっと
2003年3月1日 関東・甲信越・東海・北陸地区限定
「におわなっとうTM 2000年3月1日
東海・北陸地区限定(当時)
2000年9月1日
全国(北海道・九州を除く)

 

"本格志向・原点回帰型納豆"に高評価

■商品開発の背景 〜3つの目標のもとに生まれた商品〜
「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」は、当社が2002年10〜11月に行った「納豆に求められる『味』と『食感』調査」によって得られた、「納豆のおいしさの決め手は豆の味」(88%)と「豆の食感」(74%)という結果に基づき、(1)豆本来の味をおいしく食べられる納豆、(2)ちょうどよいふっくらとした食感を実現する納豆、(3)ご飯に合う、納豆らしい納豆という、3つの目標のもとに商品開発を行った商品です。

■高圧・短時間で旨みを封じ込め、ご飯粒と同じ食感を実現
当社では上記目標実現のため、納豆の製造工程のひとつである「蒸煮(じょうしゃ)」(豆を高圧釜で煮ること)そのものを根本的に見直し、通常よりも短時間、高圧で豆を蒸煮することによって「ふっくら蒸煮(じょうしゃ)」の開発に成功しました。
「ふっくら蒸煮」によって豆の自然な明るい色が保たれると同時に、ふっくらしたやわらかい食感が実現します。さらに短時間蒸煮により、大豆の旨みを含んだ煮汁の流出量が最小限に抑えられ、大豆本来の旨みが味わえる納豆になりました。
開発にあたったミツカングループ本社Fプロジェクトの本城健介と満田敏裕によると、幾度とない試食の結果「ご飯に合う納豆は、ご飯粒と食感が似ている納豆」との確信にいたり、「ご飯粒と食感が似ている納豆」実現のため試行錯誤を繰り返したということです。そしてたどり着いた結論が、高圧・短時間で一気に蒸し上げるという美味しいご飯の炊き方を納豆づくりに活かす「ふっくら蒸煮」だったのです。

■お子様から高齢者まで大好評の『ふっくらなっとTM
「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」発売後にお客様から寄せられた声を見ると、多くの方に豆のおいしさをご満足いただいているようです。また、商品に対してほとんど先入観のないお子様や、長い間納豆を食べてこられた高齢者にもたいへん好まれていることが分かりました。

〈お客様アンケートより〉
「豆の食感が良く、たれも美味しく、両者の美味しさがマッチして食事が楽しく、後を引きます」(茨城県、63歳、男性)
「豆の味が生きていると思います」(千葉県、18歳、男性)
「味にまろみがあり、粘りも強く、口当たりも良い美味しい納豆でした」(群馬県、43歳、女性)
「おじいちゃんが毎日食べるので色々な納豆を買ってくるのですが、いつもは何も言わないおじいちゃんが、『この納豆はうまい』と言っていたのでびっくりしました」(長野県、29歳、男性)
「2歳の娘がペロリと1パック食べてしまった」(山梨県、29歳、女性)
「豆がふっくら軟らかくて子供もパクパク食べていました。とても美味しかったです」(山梨県、24歳、女性)
「豆のきつい味がなくまろやかでやさしい味でした。そのまま納豆だけでも子供が食べてくれました。美味しかったです」(千葉県、37歳、女性)

■「食」のトレンドは"原点回帰・本物志向"へ
ここ数年、消費者の本物志向にフィットした「デパ地下」、特に総菜売場に人気が集まり、今やすっかり定着したといえます。最近でもチョコレートなどのお菓子で、リーズナブルな定番ブランドから "本物志向"の高級商品が登場したり、お酒の分野で本格焼酎=焼酎乙類の人気が高まる"原点回帰"が起きていたり、家庭用食材でも、国内産の小麦や天日塩などの素材にこだわった"本物志向・原点回帰" の素麺(乾麺)が複数の産地より同時期に登場するなど、「食」のトレンドは"原点回帰"や"本物志向"にあります。
こうした流れが"豆本来の味が楽しめる本格志向納豆&ご飯に合う原点回帰型納豆"という特長を持つ「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」にとって追い風になっていると考えています。

 

「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」商品概要

豆のおいしさにこだわった「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」は2003年3月1日(土)に、スーパーマーケット等における納豆売場の下段向け商品として、関東・甲信越・東海・北陸エリア限定で新発売しました。当社では、新たな納豆市場開拓の牽引役となった「金のつぶ『におわなっとう』」、健康志向の高まりに応え納豆菌の自然な力でビタミンK2の含有量を従来の1.5倍に増やして好評を得ている「金のつぶ『ほね元気』」に続く3番目の定番納豆として育ててまいります。


商 品 名

:「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」
規 格 :45g×3個
たれ・トッピング :「追いがつおTMたれ」6.0g、「からし」0.7g
参考小売価格 :158円
発売日 :2003年3月1日(土)
販売エリア :関東・甲信越・東海・北陸


「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」
(関東・甲信越・東海・北陸地区限定販売)
45g×3個/参考小売価格158円