ナビゲーションをスキップする

  1. ビジョン
  2. 企業情報
  3. 活動・取り組み
  4. 採用情報
  5. おいしさ追求
  6. 健康情報
  7. ニュースリリース
  8. MIM ミツカンミュージアム
  1. サイトTOP>
  2. ニュースリリース>
  3. 2003年>
  4. 「金のつぶ(R)『ふっくらなっとTM』3月1日(土)新発売

NEWS RELEASE

もくじ

03/01/29
豆の味と食感にこだわりふっくら仕上げた、ご飯にとってもよく合う納豆
「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」
関東・甲信越・東海・北陸地区限定

 

ミツカングループの株式会社ミツカン(本社:愛知県半田市)チルド事業カンパニーでは、豆のおいしさにこだわった新納豆「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」を、3月1日(土)より関東・甲信越・東海・北陸地区限定で新発売します。
「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」は"納豆のおいしさの決め手は豆の味と食感"というお客様のニーズに応えた商品で、美味しいご飯の炊き方と同様、高圧・短時間で一気に蒸し上げる「ふっくら蒸煮(じょうしゃ)」によって大豆の旨みを封じ込め、ふっくらやわらかく、明るい色の納豆に仕上げています。

納豆の「硬さ」と「色」は蒸煮圧力と時間によって変わります。同じ圧力だと蒸煮時間が長いほど、豆に熱負荷が多くかかり、やわらかく蒸しあがるものの色が濃くなります。一方、時間が短いと、明るい色になりますが豆が硬い状態に蒸し上がります。
「ふっくら蒸煮」は、通常よりも短時間、且つ高い圧力で蒸煮することで、自然の色に近い明るい色を保ちながら、ふっくらしたやわらかい食感を実現します。また、短時間蒸煮により大豆の旨みを含んだ煮汁の流出量が減少するため、大豆本来の旨みが味わえます。
パッケージは、日本伝統の「木目模様に焼印」にて「金のつぶ定番デザインを表現し、「和の食卓」にふさわしいデザインにしました。

当社では、納豆のおいしさをさらにお楽しみいただき、食卓から健康をサポートしたいという理念のもと、「納豆はご飯に合ってこそ納豆」という原点に帰った商品開発を推進した結果、「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」が誕生しました。
今後、「金のつぶ『ふっくらなっとTM』』」をスーパーマーケット等における納豆売場の下段向け商品として市場投入し、大ヒット商品となった「金のつぶ『におわなっとう』」「金のつぶ『ほね元気』」に続く定番納豆として育ててまいります。当商品の売上げ目標を年間で約20億円としております。


「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」商品概要

商 品 名 「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」
規 格

45g×3個

添付品 追いがつおTMたれ6.0g、からし0.7g
参考小売価格 158円
販売エリア拡大日 2003年3月1日(土)
販売エリア 関東・甲信越・東海・北陸


3月1日(土)より関東・甲信越・東海・北陸地区で新発売
新定番納豆「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」
45g×3個/参考小売価格158円

 

商品開発の背景&「ふっくら蒸煮」について

■コンセプトは「ご飯に合う納豆」
これまで当社の「金のつぶ」シリーズは、『におわなっとう』『ほね元気』『ふわとろTM』『まぜうまTM』など、納豆のおいしさはそのままに、納豆菌の自然な働きに着目した"機能追求型商品"や様々な納豆の食べ方などを提案する"付加価値型商品"を中心に展開し、多くの消費者に支持されてきました。
今回あらたな商品を誕生させるにあたり、納豆づくりの原点に立ち戻り、"おいしさ"が際立った納豆を作ろうとの考えに達し、具体的な商品コンセプトを「ご飯に合う納豆」と設定。商品開発をスタートさせました

 

■"納豆のおいしさの決め手は豆の味と食感"
当社は、2002年10〜11月に、首都圏在住の一般100名を対象に、納豆に求められる「味」と「食感」について調査を行いました。
その結果、最も多くの人が「納豆のおいしさの決め手」にあげたのは「豆の味」(88%)で、次いで「豆の食感」(74%)となり、"納豆の豆本来の味をおいしく食べたい"というユーザーの嗜好を確認することができました(複数回答)。
また、「豆のかたさに関する嗜好」を調査したところ、最も多かったのは「やややわらかめ」(37%)でした。
当社では「大豆本来の味」が満喫でき、ユーザーにとって「ちょうどよい食感=やややわらかめ」を実現する納豆の製法の開発に取り組みました。

 

■「おいしいご飯の炊き方」と同様の製法で納豆づくり
消費者が納豆のおいしさの決め手としてあげる「豆の味と食感」にこだわった「ご飯に合う納豆」を実現するために試行錯誤を重ねました。その結果、「ご飯に合う納豆」を作るには、"ご飯のおいしい炊き方"を納豆作りに取り入れることであるとの結論に達しました。
ご飯のおいしい炊き方は、一気に炊き上げてしばらく蒸らすことです。この炊き方を実現すべく試行錯誤を繰り返した結果、当社独自の「ふっくら蒸煮」の開発に成功し、「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」が誕生しました。

 

■豆の味と食感をアップさせる「ふっくら蒸煮」
「ふっくら蒸煮」は、納豆製造過程における納豆菌噴霧の前に行う「蒸煮」(豆を高圧の釜で煮る)の際、通常よりも短時間、且つ高圧(当社比)で一気に蒸し上げる弊社独自の新製法です。
納豆の「硬さ」と「色」は蒸煮圧力と時間によって変わります。同じ圧力だと蒸煮時間が長いほど、豆に熱負荷が多くかかり、やわらかくはなるものの色の濃い豆に蒸しあがります。一方、蒸煮時間を短くすると、明るい色ではあるものの硬い豆に仕上がります。
「ふっくら蒸煮」は短時間で蒸煮して自然の色に近い明るい色を保ち、新鮮さや豆のおいしさを印象付けます。さらに、高い圧力で蒸煮することで、豆の芯まで蒸し上げ、ふっくらとしたやわらかい食感の豆に仕上げることができます。また、短時間で蒸煮すると大豆の旨みを含んだ煮汁の流出量を減少させることができ 大豆本来の旨みを逃さないという効果も あります。

■パッケージ
「金のつぶ『ふっくらなっとTM』」のパッケージデザインは、「木目模様に焼印」で「金のつぶ」の定番デザインを表現しています。親しみやすい外装は「和の食卓」にふさわしいデザインです。