ナビゲーションをスキップする

  1. 商品情報
  2. ミツカンのはなし
  3. メニュー・レシピ
  4. ミツカンのCM
  5. 商品ブランドサイト
  6. お客様相談センター
  7. MIM ミツカンミュージアム
納豆 金のつぶ®   本日の一品

金のつぶ®の安全・安心

納豆「金のつぶ」を安心してお召し上がりいただくため、
私たちは原料大豆・製造・物流の各段階で、安全・安心
な商品をお届けする取り組みを続けています。 
ここではその取り組みをまとめてご紹介します。

大豆の産地や、原料に含まれる
アレルゲン情報の確認はこちらから

  • 安全・安心な原料
    大豆

  • 安全・安心な納豆
    製造

  • おいしさを保つ温度
    管理

  • 納豆品質に関するご質問

安全・安心な原料大豆

輸入大豆は、納豆に適した品種を契約栽培することで品質がよく安全な大豆を使用しています。
安全・安心な大豆が届くまでをご案内します。

「金のつぶ」には、納豆に最適な品種を選りすぐっています

大豆

「金のつぶ」に使われている輸入大豆は、納豆を作るのに適した性質を持ち、栽培地(アメリカ、カナダ)の気候に適した品種を、栽培地ごとに数十種類の中から選りすぐります。
各地で契約した農家が、選定された品種のみを種として栽培します。
また、国産大豆についても、仕入先との契約を通じて、良い品質の大豆を使用しています。

弊社原料大豆の主な産地のご紹介

  • カナダ

    短い夏に短期間で育つ、
    寒冷地向けの品種を用いています。

  • アメリカ(中西部・南部・東部)

    大豆の一大産地で、納豆用大豆の栽培に
    力をいれているエリアです。

  • 国産大豆

    国産大豆を原料とする商品には、
    北海道産を中心とした
    国産品種を使用しています。

原料大豆の主な産地

原料大豆の3つの安全・安心

栽培保証、IPハンドリングに加え、独自の検査保証を行っています。

栽培保証

各地の大豆供給源は、農家と1件1件契約を結び、使用する種、栽培方法を管理しています。

分別流通管理
(IPハンドリング)

集荷から荷揚げまでの各輸送段階で、他の農産物と混入しないよう分別して運びます。

検査保証

栽培時に使用した農薬履歴に基づき、残留農薬分析を行い、安全性を確認できたものを入荷しています。
GMO検査は入荷品検査の実施によりノンGMO大豆であることを確認しています。

GMO検査

遺伝子組換え大豆に含まれるたんぱく質を検知することで、混入度合いを判定します。
※GMOとは、遺伝子組換え作物のことです。

安全性検査

残留農薬、重金属、カビ毒

安全・安心な納豆製造

最新の発酵技術と衛生的な製造管理により、おいしく安心していただける納豆を作っている工場をご紹介します。

おいしく安心してお召し上がりいただける納豆づくりに、
日夜取り組んでいます。

納豆の製造工程

1.浸漬

浸漬

大豆をきれいに洗浄した後、水に半日程度浸して膨らませます。浸漬時間は豆の種類、季節によって調整します。

2.蒸煮

蒸煮

水に浸した大豆を、圧力釜でふっくらと炊き上げます。蒸煮時間は1時間程度ですが、品質によって調整します。

3.盛込

盛込

炊き上がった豆に納豆菌液をかけ、熱いうちに容器に盛込みます。被膜を掛け、たれ・からし等の添付品を入れてフタをします。

4.発酵

発酵

37℃〜40℃に管理された発酵室にて、16〜21時間発酵します。よい納豆を作るために最も重要な工程です。

5.菌検査

菌検査

製造ロットごとに厳しく菌検査を行い、合格したものだけが出荷を許されます。

6.熟成

熟成

発酵が終わった納豆は、直ぐに冷やして味を落ち着かせます。

7.包装

包装

ラベルをかけ、賞味期限などを印字します。この時万が一に備え、金属探知機による異物のチェックと、抜き取り検査での最終チェックをします。

8.出荷

出荷

新鮮で安心できる納豆を、冷蔵車に乗せ、全国へスピーディーにお届けします。

衛生管理、異物混入防止の徹底(設備、人)

  • ローラーがけ

    ローラーがけ

  • 手洗い

    手洗い

  • エアーシャワー

    エアーシャワー

おいしさを保つ温度管理

おいしさを保ってお召し上がりいただくため、温度管理の大切さと取組をご紹介します。

納豆のおいしさをきちんとお届けするため、
製品の温度管理には細心の注意を払っています。

  • 熟成庫の
    温度管理
  • 包装後の
    温度チェック
  • 出荷場の
    温度管理
  • 輸送車の
    温度管理
  • お客様のもとへ
お願い

納豆は生きた納豆菌がそのまま入った発酵食品です。
必ず冷蔵保存し、賞味期限内にお召し上がりいただきますようにお願いいたします。

※賞味期限を過ぎても直ぐに食べられなくなることはありませんが、
風味が悪くなりますので、賞味期限内にお召し上がりください。

納豆品質に関するご質問

納豆の品質や安全・安心の取組について、よく頂くご質問をまとめました。

  • 納豆は冷蔵庫に保存しなければいけないのですか?

    納豆は冷蔵庫(10℃以下)で保存し、賞味期限内にお召し上がりください。納豆は熱処理をしておらず、納豆菌が生きています。10℃を超えた状態で保存すると納豆菌が活動をはじめ、発酵が進み色が濃くなったりアンモニア臭などの臭いや苦味が強くなることがあります。

  • 納豆の賞味期限を過ぎてしまいましたが、食べられますか?

    美味しく召し上がっていただくことが出来なくなるので、お勧めできません。賞味期限を過ぎると、納豆がべたべたした感じになったり、臭いが強くなったり、色が濃くなったりします。また、納豆に含まれるチロシンというアミノ酸が結晶となり、ジャリジャリした食感にもなります。

  • 納豆は冷凍保存できますか?

    風味が落ちてしまうこともあり、冷凍保存はお勧めできません。ご家庭の冷凍庫での保存は条件が異なり、また解凍方法によって品質が変わってしまうことから、弊社では冷蔵での保存をお願いしており、冷凍での保存期間等の検証はしておりません。

  • 添付品のたれ・からしは納豆の賞味期限が過ぎても使えますか?

    賞味期限を過ぎた添付品をお使いいただくことは、お勧めできません。
    添付のたれ・からしは、納豆と一緒にお食べいただくことを前提に、同封しております。冷蔵庫(10℃以下)にて保存して頂き、納豆と一緒に賞味期限内でご賞味いただくようにお願い致します。

  • 納豆の原料大豆に、遺伝子組換え大豆を使用していますか?

    納豆に遺伝子組換え大豆は使用しておりません。弊社では、「遺伝子組換え大豆を使用していない」ことを、商品ラベルに表示しております。また、原料大豆の受け入れに際し、遺伝子組換え大豆の検査を行い、確認したものを使用しております。
    ※遺伝子組換え大豆:害虫や農薬への耐性など、大豆が本来持たない機能を持つ遺伝子を、遺伝子組換え操作で導入することによって、新たな機能を発現させた大豆のことです。

  • 納豆の原料大豆の産地はどこですか?

    商品によって異なりますが、国産、北米産の大豆を使用しています。ホームページ上段の「大豆情報検索」にて産地をご確認いただけます。

  • アレルギーを持つ人は納豆を食べられますか?

    大豆アレルギーをお持ちの方は、食べるのをお控えください。各商品のたれ・からしには、アレルゲン物質が含まれますので、各商品ごとの表示をご確認ください。

  • 納豆を作っている工場はどこにありますか?

    弊社工場が3工場ございます。館林工場(群馬県)、美濃加茂工場(岐阜県)、三木工場(兵庫県) その他、協力工場での委託製造を行っております。

  • 安全・安心な原料
    大豆

  • 安全・安心な納豆
    製造

  • おいしさを保つ温度
    管理

  • 納豆品質に関するご質問

やがていのちの変わるもの

ページトップへ